生き霊を飛ばされた本人以外に影響が出るケース

生霊や因縁に関して、

呪われた本人や逆恨みされた本人ではなく、その人の子どもやペットに霊障が出ることもあるんですよ

とは、あるお坊さんのお話しです。

今日はそんなちょっとオカルトな話しを書きます。




生霊や因縁が家族やペットに出るのはなぜ?

そのお坊さんの考えでは、エネルギーが「弱い」、あるいは「敏感」な子どもやペットに(霊障)が出やすいのだ、ということのようです。

別の霊能力知人から教えてもらった話しでは、霊力の高い子どもが、お母さんやお父さんを守ってあげたくて(霊障)を半分ほど請け負うこともあるそうです。

その親は、(霊障)にまで発展してしまう人間関係は清算した方がよいということを、愛するわが子から教えてもらうのです。

霊能者の孤独

私は、占いやオカルトの世界に“つま先”がちょっと入っている程度の者です。

私には、有名な霊能力者のように「亡くなった妹さんがこのようなことを言っていますよ」という能力はありませんし、霊能FBI捜査官のように事件現場で犯人がどの方向に逃げたかを当てる能力もありません。箱の中身を透視することもできません。

しかし、不思議なものを幼い頃から視ている霊能力知人が、「自分は幻覚を見ているのかもしれない、すべて妄想なのかもしれない」と、ぽつりと話してくれたことがありました。

生まれつき、みんなには見えないものが見える人ですから、このようなことを誰かに言われたのかもしれません。

占いやスピリチュアルに関わる時の注意点

古民家のカフェに行ったときのことです。

藤の花の柄がとても素敵な、淡藤色(あわふじいろ)の着物を着た女性が店内に見えましたが、実際にいらっしゃる方ではありませんでした。

会計を済ませてお店を出ると、その方がお店の玄関の外まで見送ってくれました。

ある時はお客様の隣りに、中世ヨーロッパと思われる身なりをした男性が見えました。お客様の隣で一生懸命にアツく身振り手振りを交えて話していました。

こういう時に、霊能力者の知人が言っていた言葉を、私も思うのです。

「私は一体何を見たのだろう」

占いやスピリチュアルに関わるということは、その世界に触れるということです。

しかし、その世界に深く浸かるのは危険なこともあります。現実逃避、依存、歪んだ承認欲求……など、不健全な精神状態が穴を開けて待っているかもしれません。

否定はしないけれど、一歩引いた目線

プロフィールにも書いていますが、子どもの頃から占い師や霊感体質の人を身内に見ていたので、どこか冷めたような、一歩引いた目線がありました。

もし、幽霊がゴリゴリに視える子どもだったらまた違ったのでしょうが、この記事のように見えることは本当に時々だったからです。
→「夫との運命の出会いは、他界した母のお墓参りビジョン

私の場合は、怖い幽霊を視ることはほとんどなく、カップルがいるなぁ、と思って避けて通ったら友人に「どうしたの?」と聞かれたり、あれっ?今のは影かな?と思ったりする程度がほとんど。

いわゆる心霊写真も、怖い写真はなく、どちらかといえばカラフルで明るい雰囲気の不思議写真が、これまたときどき撮れる程度です。

怖いかも……と思うような場所からはすぐに離れます。幽霊が出るとウワサされるところには極力行きません。

作家の加門七海さんのように、幽霊に肩をつままれるというような経験はありません(したくないですが!)


うわさの神仏 日本闇世界めぐり (集英社文庫)


うわさの人物 神霊と生きる人々 (集英社文庫)

↑ふざけたオカルトから、怖いオカルトまで書かれる霊能作家さんです。

オカルトを否定はしませんが、ちょっと離れたところから嗜む。このくらいの距離感がよいと思っています。

私は、鑑定(リーディング、コンサルティング)の最中にコンシャスチャネリングをしますが、その現れ方も様々です。

私の場合は、私のハイアーセルフと相談者のハイアーセルフの認可がおりたものを垣間見させてもらっている、というような感じかと思います。

相談者の家族が私に思いをぶつけてくることもあれば、相談者の過去生がメッセージを伝えてくることもあります。

相談者のハイアーセルフはそこに見えるけれど、何も語らず、ただただ静かに見守っているだけ、ということもあります。

何も見えないことも、もちろんあります。

何も見えない時は、何も見えなくて良いのだと思います。

先入観や思い込みを避けるためであるとか、失敗という道を通らねばならないこともあるためなのでしょう。

スポンサーリンク
最近のコメント

    フォローする