<事例>関西でサービス業を営む経営者様から、店舗拡大と人事についてのご相談

西日本でサービス業を営む経営者様(K様)から、東日本進出や人事についての占いコンサルタントのご依頼をいただきました。

K様から「ぜひ、ブログに掲載してお役立てください!」と、とても有難いお言葉を頂戴いたしましたが、プライバシー保護のため、職業・団体・シチュエーションなどは変更させていただきます。

四柱推命を基にしたチャネリング、タロットなどから今後の展開を考察させていただきました。

常日頃思うことですが、「能力」や「得意分野」は個性そのものですので人それぞれです。

どんなに技術や実力があっても、プロモーションの能力がなければ、なかなか世にアプローチできません。

逆に、プロモーションやアピールは得意なのだけれど、特化した技能がない、と悩む方もいらっしゃいます。

アイディアを出すのが得意でも、それを実現化させる能力はまた別の能力になります。

さらに、「時の運」というものも、おおいに関わってきます。

それらを補い合いながらの経営は大きな恩恵がある反面、難しい舵取りを要求されます。

実務能力と責任感があって、情に篤い方ほど荷が重くなる傾向は否めません。

K様は、ご自身の運気の流れや、エネルギーのアンバランスさを敏感に感じ取っておられるのではないかと思います。

長年にわたって会社を経営されている方は、やはり一種の霊感といいますか、肌感覚といいますか、第6感も研ぎ澄まされている様に思います。

出店に関するお話しは、大変興味深く聞き入ってしまいまいした。

さて、K様のここ数年の運気は「自分の負担についての見直しと、業務のインフラ整備を」と物語っています。

「新しいモノを入れるためのスペース」を作るために、ご自身の負担を仕分けするタイミングのように思います。

何せ、K様は土台そのものだからです。

プロ野球選手やオリンピック選手と、ご自身が同じ状況だと思っていただければイメージとしては近いでしょうか。

アスリートは毎日の訓練メニューをこなすのと同時に、筋肉をほぐしたり、靴やウェアのフィッテイング、食事、睡眠、精神状態・・・生活全てに気を配らなければなりません。

しかし、それら全てを自分で管理し行うのは無理がありますから、当然、「外注」することになります。

「業務を軽減するための業務が発生する」という苦労も出てくるかもしれません。

その筆頭が、人材育成です。

ビルドアップ向きではない運気の時にこそ向いている業務なのかもしれません。

K様がこれからも永く走り続けるために、「あるご提案」をさせていただきました。

少しでもお役に立てられましたら光栄です。

ありがとうございました。

占術などの観点と現実的な視点、両方からのコンサルティング
シロツメ草の花冠HP⇒https://kanmuri.jimdo.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする