劣等感が強い→批判されてると思い込む→自ら被害者になる→劣等感が……繰り返しを断つためのファーストステップ

こんにちは。占いを活用した心の通訳・コンサルタントの保志です。

今回は、劣等感の繰り返しを断つためのファーストステップについて書きます。

①劣等感が強い

②批判されてると思い込む

③自ら被害者になる

④劣等感が強くなる

繰り返し

根っこから解決するには、①劣等感が強い←ここなんですが、ここは時間がかかるかもしれません。

魂の気づき体験をすると劇的な変化が起こることがありますが、それは意図してできることではありません。また、そのような体験をしても受け入れられるかは別です。

ということは、②批判されてると思い込む←ここです。

さて。

劣等感が相当に強い、というのは自分に自信がないわけです。

自分の居場所の無さを感じ取っていたり、
居場所を得られるように無理に頑張っていたり、
不安感が肥大化していたり、

要は、「自分はダメなんだ」と思っています。

批判されていると思い込もうが、
実際に批判されていようが、

ファーストステップはこう思うことです。

あの人は、私の中に“あの人自身”を見ている。

そして、

私は、あの人の中に“私”を見ている。

つまり、あの人が批判し攻撃しているのは、私ではなく、あの人自身なのだ。

あの人も劣等感が強い人なのかもしれない。

あなたが批判や、なんらかの攻撃の対象になっているとして、相手は必ずあなたの中に自分自身を無意識に見出しています。

あなたは、あの人のなりたかったもうひとつの人生を持っているのかもしれません。

あなたは、あの人が無かったことにしたい自分の欠点を持っているのかもしれません。

あなたは、あの人が自分に禁じていることをやすやすと行っているのかもしれません。

そして、あなたとあの人を入れ替えて考えてみると、少しだけ深く呼吸できるスペースが生まれませんか。

以前書いた記事も参考になるかもしれません。

【参照】「嫌いな人への対処法と、嫌いな理由を分析してみよう!」

あの人は、私の中に“あの人自身”を見ている。

そして、

私は、あの人の中に“私”を見ている。

つまり、あの人が批判し攻撃しているのは、私ではなく、あの人自身なのだ。

あの人も劣等感が強い人なのかもしれない。

こう思うことをファーストステップにしてみてください。

シロツメ草の花冠HP⇒https://kanmuri.jimdo.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする