プロフィール/占い活用コンサルタント、コンサルティング・オーガーとは?

具体的にどんなことをしていますか?

ひとことで言いますと、占いを活用したコンサルタントや書き物をしています。

現実的な視野とヒアリングを基に、今後の運気と併せて丁寧にリーディング・コンサルティング致します。

生きているとどうしてもお金・健康・人間関係で悩みます。悩むことが生きることだと言っても過言ではないでしょう。

辛い思いをしてきた人ほど、姿勢に歪みを持っているはずです。前屈みで歩いてこなければならかったからです。

このブログでは、占いやちょっと不思議なことを現実社会を生きるなかで背伸びのように使えたらと思い書いています。

また、毒親・虐待などによる機能不全家庭で育った私が「傷害を負わされた自尊心」(自分を大切にする権利・他者から尊重される権利を著しく傷つけられた経験)、つまりインナーチャイルドの癒しについても書いています。

ご利用いただいているシーン

経営者、個人事業主、サロンオーナー(ヨガ、ネイル、エステ、マッサージ、セラピスト等)、管理職、広報担当、人事、芸能活動、芸術家、自宅開業、会社員、転職活動中の方、主婦・主夫、心・教育に関するお仕事の方

スタッフの適材適所、指導・育成方法、チーム内における役割、採用、資質についてお考えの管理職や人事担当の方(人件費や定着率について、別視点からアドバイスを、というご依頼が増えています)
問題点を別角度から俯瞰し、別視点からの分析と今後の展開について
適職や自分の強みを知りたい学生の方や転職活動中の方
育児、家事、夫婦関係を大切にしながら働きたい主婦の方
占いなどの不思議な世界から眺めた自分の取り扱い説明書や問題改善テキストが欲しい方

コンサルティング・オーガーとして、現実的な視野と占術などの観点からコンサルタントしています。

コンサルティング・オーガーとは?

オーガーはダブルミーニングになっています。

①オーガーアウグル:古代ローマの鳥占官、卜占官などと訳される占い師のこと。
②オーガー掘削機械:心の水脈や鉱脈を見つけ出して掘り当てる、という意と掛けました。

【本質を知る】【心の水脈・鉱脈を掘り当てる】これらの作業はまるで、掘削作業のようです。

素敵なキャッチコピー・肩書を考案してくださったサロンオーナー様、ありがとうございます。

占い活用コンサルタントになるまでの経緯

毒親(虐待)のもとで育ったために、「どうして生まれてきたのか」「なぜ生きなければならないのか」という疑問が身近だったために、宗教学や心理学に関心を持つ子ども時代でした。

教会やお寺と縁があった子ども時代をすごしたためか、学生時代には宗教美術に始まり、歴史、心理、文化人類学などに興味を持っていました。

ご先祖さまや神様への一般的な信仰心はあるものの、それは歴史や文化人類学、あるいは哲学などの知的好奇心でしたので、特定の宗教や信仰にのめり込むことはありませんでした。

「人生はなぜこんなにも理不尽で、辛いことばかりなのか」を問い続けた幼少期から青年期。

叔母が占い師であったことや母が霊感体質であったことから、高校生の頃から占いを独学で勉強し始めましたが、占い師を目指していたわけではありませんでした。

占いやスピリチュアルを実践していくきっかけになった出来事が起こるその日まで、占いは身近でありながらも、どこかしら胡散臭く思っていたのです。

文化人類学、宗教学、哲学の分野を学びたくて大学編入を希望していましたが、諸事情あり挫折。販売業に就職しました。

1.正社員の就職困難時代のなかで

「(就職)超氷河期」まっただなかでしたので、就職活動に苦戦しました。

やっとの事で就職した会社でしたが、新入社員のなんと8割が辞めるという事態に。そして、その8割に入っていた私なのでした。

時代は怒涛の派遣時代到来。

カラ求人、ブラック会社、パワハラによるウツや自殺などの言葉が目立ち、ハローワークは大混雑という状態が当たり前に。

正社員として採用されることが困難になり、一人の採用枠に100人が応募という求人もありました。

そういった時代背景と個人的な資質(?)もあり、多数の職種を経験することとなります。

web制作(デザイン、コーディング、SEO対策など)、管理系事務(ディレクション、マニュアル制作)、営業、販売、配送、接客、塾の事務などを経験しました。

様々な就業形態、職場、職業を経験できたことは、占いコンサルタントをする上で非常に役に立つ貴重なものとなりました。

web制作では、客層とのマッチングやSEOを考慮したデザイン、コーディング、ディレクションに携わることができました。ユーザビリティや基本的なSEOについてのお話しができるのはこういった経緯からです。

2.「生き難い」に気づく

機能不全家庭に育ち、虐待による悲惨な幼少期から青年期を生きました。私自身は「乗り越えた過去」のつもりでいたのです。しかし、大人になってからワーカーホリックになったり、モラハラなどの対人関係に苦しんだりするなかで、やがて「あること」に気づきます。

克服したと思っていたが、自分の自覚以上に生き難さを抱えている。

乗り越えた過去だと思っていたが、ずっと継続中だったのだ。

その証拠がワーカーホリックモラハラ被害だったのです。

紆余曲折の後、セラピーを受ける機会を得て、インナーチャイルド(アダルトチルドレン)やモラハラに対する理解を深めていくと同時に、生き難さを克服するエクササイズを実践しました。

●なぜ、ワーカーホリックになるのか?(真の問題からの逃避と人より頑張らないとここに居る資格を得られないという思い込み)
●なぜ、モラハラのターゲットになりやすいのか?(依存心、承認欲求、自己犠牲)
●なぜ、問題から逃げ続けていると、問題が追いかけてくるのか?(インナーチャイルド)

実践を通してそれらの考察と理解を重ねはじめたころ、夫に出会い結婚しました。

私は被害者だったし、今もなお苦しんでいる」と、自分の本心を受け入れたとき、問題と向き合ったとき、人生と仲直りできたのではないかと思っています。

使用する占いは何ですか?

使用している占いは四柱推命、タロットなどです。

「ストーリーテラーなリーディング」と、よく言われるのは四柱推命+チャネリングで見ているからでしょう。

占術・スピリチュアル・精神世界に詳しい方に、私のスタイルを以下の様に説明していただいたことがあります。

保志さんは変性意識に入りやすい人なのでしょう。

命式やクライアントの話しに集中することでコンシャスチャネリング※をされているのではないでしょうか。

私自身も命式に集中していると、まるで自動書記のような状態になることがあります。

保志さんのように“ビジョン”で感じ取る人もいれば、身体で体感する人もいらっしゃいます。チャネリングも人それぞれ、様々ですね。

※コンシャスチャネリング……通常の意識のままチャネリングすること。

現在、占い活用コンサルタントとして、個人様・法人様に別視点からのアドバイスをさせていただいています。また、毒親や虐待などの機能不全家庭が原因でインナーチャイルド(傷害を負った自尊心)の存在に気付いた方へ、私が実践したことをお伝えしています。

こちらも良かったらどうぞ

不幸オーラと哀愁ただよう20代、免許証の顔写真が悲しい

占いコンサルタント【シロツメ草の花冠】

https://sirotume-kusa.jimdo.com/
OPEN:Weekday/AM10:00~PM17:00