【タロット:ソード3】逆位置リーディング(読み方)のコツ

4月6日の記事【ソード3逆位置/カップ3正位置/ワンドのナイト逆位置】を読んでくださった方から

「逆位置のリーディング(読み方)がイマイチわかりません」

このように質問をいただきました。




逆位置リーディング(読み方)のコツ

逆位置の解釈については、以下のページでも書いています。

ハーバルタロットで自分の仕事の展開を占ってみました。 登場したカードはこちら➡ソード3逆位置/カップ3正位置/ワンドのナ...
今回は「タロットカードの逆位置をどう判断しているか」ということを、サロンオーナー様の相談事例からご説明します。 ※事例に登場する職業は、実...
今回は、悪魔(THE DEVIL)のカード逆位置の解釈について書きます。 例えば、(ウェイト版に関してですが)逆位置になると「縛り付け...

①逆位置というものをどう受け止めるか、自分で決めておく

逆位置は取らない。正位置であっても、逆位置であっても同じように読む

このような占術師も少なくありません。

私は、逆で出るからには出るなりの理由があると思っているので逆位置は意識します。

ちなみに、ルーンストーンは逆位置を取らないで読むこともけっこうあります。こちらは実用性を重視しまして、石なのでちょっとした加減でコロンと転がってしまうからです。ただ、明らかにきれいに逆で出たら逆で読みます。

②まずは正位置で読んで、そのカードの本質をつかむ

例えば4月6日の記事【ソード3逆位置/カップ3正位置/ワンドのナイト逆位置】にあるソード3逆位置。

ハーバルタロットで自分の仕事の展開を占ってみました。 登場したカードはこちら➡ソード3逆位置/カップ3正位置/ワンドのナ...

ソード3

wikipedia

パメラ・コールマン・スミス (-1951) – Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

↑コレの逆位置

例えば、「ショックな出来事」と読むとしましょう。

しかし、ショックな出来事といえば、も、死神も、ソード10も、理由や緩急が違えど「ショック」という雰囲気を持っています。

ソード3はあちこちから責められたり、批判されるようなニュアンスです。

絵の通り傷心を表すのですが、『ショックな出来事がある』ということと、『ショックな出来事があるんじゃないかという恐れ=トラウマ』を持っているということも含みます。

その質問に関する分野で、過去に傷ついたことがあるのかもしれないことを示唆しています。

他のショックな雰囲気を持つカードを見てみましょう。

は、傲慢さが理由でドカーンと食らう感じや、一方的に降ってくる天災。

wikipedia

パメラ・コールマン・スミス (-1951) – Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

死神は、失ってしまったことへのショックを引きずりつつも、前に進む雰囲気をまといます。

死神

wikipedia

パメラ・コールマン・スミス (-1951) – Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

③タロットカード逆位置の考え方

逆位置の場合は正位置に対して「動き」「反応」があると見なします。

川の流れに沿って泳ぐのと、川を遡って泳ぐのでは全く違います。
川を流れに沿って泳ぐにしても、水着と着衣では全く違います。

上流からペットボトルが流れてくるときに、空っぽのペットボトルと中身が入っているペットボトルでは、何かが変わるかもしれませんし、何も変わらないかもしれません。

「いつもの松岡修造さんはポジティブなんだけど、酔っぱらってる松岡修造さんはちょっと乙女だった」なんていうこともあるかもしれません。

「いつもの藤原竜也さんはストイックに演技に入り込むんだけど、ロンドン公演ではいつも以上にシェークスピアだった」という可能性もあるかもしれません。

カードが表す「ショック」「トラウマ」に対して、ちょっと何かが足されたり引かれたり動いたり膠着状態になったり軽くなったり重くなったりということが起こり得るわけです。

④他のカードと組み合わせてリーディングする

4月6日の記事【ソード3逆位置/カップ3正位置/ワンドのナイト逆位置】ですと、一番左にソード3(逆)、真ん中にカップ3、一番右にワンドナイト(逆)という配置になっています。

ソード3(これの逆)

カップ3

ワンド・ナイト(これの逆)

(カップ3)wikipedia

(ワンドのナイト)wikipedia

今回のソード3については、下記の理由から成長痛とリーディングしました。

✅3という数字が持つ意味が成長であること
✅「カップ3」を実践することで、乗り越えられる過去のトラウマ
✅ワンドのナイト逆位置が「でも、頑張りすぎたり焦りすぎたりするなよ」とアドバイス

●ワンドのナイトの本質は「やる気満々だぜ!」ですが、逆位置のため、空ぶかし・独り相撲・独善的などの意味合いも帯びてきます。
●それを乗り越えるのにカップ3のエネルギーが必要です。

周囲のカードによって、「心痛」や「傷心」という意味が成長痛という意味になるわけです。

タロットご紹介

まずは私がメインで使用しているハーバルタロットからご紹介します。


T0225【優しく力強いハーブの力】ハーバル・タロット

ライダー版をベースにしているのですが、色味がきれいでネイチャーな雰囲気。

全てのカードに、それぞれに対応するハーブのイラストが書かれており、ハーブの持つ力も加味したリーディングができることが一番の特徴です。

キリスト教色は薄いです。怖い雰囲気も軽め。そもそも怖がりな私のために友人がプレゼントしてくれたのがこのハーバルタロットでした。

自然界にのびのびと描かれた人物、どっしりしたスピリチュアルに安定感があります。

ハーバルタロット―タロットで占うハーブのメッセージ

↑このセットを購入すると、日本語の説明書(ちゃんとした本です)があります。翻訳上の都合でちょっと難解に感じる部分もありますが、詳しく丁寧に書かれているのでかなりリーディングしやすいです。

最もポピュラーなタロットカードはこちらのライダーウェイトタロット。

The Rider Tarot Deck

ライダーウェイトタロットを色彩軽やかでありながら鮮やかにしたものが、ユニバーサルウェイトです。私はライダー版よりもユニバーサルの方が好みです。
【はじめてでも安心!タロットカード&日本語解説冊子セット】『ユニバーサル ウェイト タロット』+『初めてでもよく分かるタロットカード入門』

0