【凶方位への引っ越し】スピリチュアルな根回しの方法

春。

進学、就職、転勤など、春は出会いと別れの引っ越しシーズンです。
引っ越しと言えば、方位を気にされる人も少なくないと思います。

引っ越しの方位と方位術とスピリチュアル

家族全員が同じタイミングで吉方位に引っ越すことができるかというと、これがなかなか難しいのですよね。

例えば、父母が吉方位でも子どもだけが凶方位の場合、子どもだけ吉方位になる年月を待って後から合流する……これはかなり非現実的です。

世帯主だけが重要で、子どもにとって凶方位なのはあまり気にしなくても良いのでしょうか?

みんなが一斉に移動できる方法として、奇門遁甲(きもんとんこう)という方位術があります。これは、九星気学のように個人の吉方位を見るのではなく、全体に通じる吉方位(良い出発日時)を見るものですから、こちらの方がやりやすい様に思えます。

とはいえ、この奇門遁甲も流派によって異なりますし、個人の運勢を加味することもあるようです。

子どもにとっての凶方位については私自身の経験をふりかえると、いろいろと思うところもあります。

方位は難しい!!深みにハマりますね。

普段の旅行や過去の引っ越しで、自分なりの傾向を掴んでおくと良いのかもしれません。

いっそのこと「気にしない」というのもひとつの手ですが、やっぱりなんとなく気になる方に、今回は「こんなスピリチュアル的な根回しもあります」ということを書きます。

ご挨拶が遅れました、占い活用コンサルタントの保志です。法人様個人様にご利用いただいております。

①引っ越しが決まったらお墓参りに行こう

お墓参りをし、御先祖様に「仕事(進学、体調、人生の挑戦など)の都合で何処何処に引っ越しすることになりました」と報告します。これまでこの土地で見守ってもらったことへの感謝を伝えましょう。

「引っ越し先で良い物件と良縁を結べるよう、情報収集を頑張りますね!」
「良好な人間関係を築けるよう、波長を高く保つことを意識します!」

など、抱負を伝えても良いでしょう。

注意すべきは「お願い事はしない」ということです。御先祖様は願望を叶えてくれる仙人ではありませんから、「良い物件とめぐり合えますように」などとお願い事はしません。

②氏神様のところへ挨拶・報告に行く

現在の居住地の氏神様(通常は家から一番近くの神社ですが、意外に違うこともあります。神社庁に電話すると教えてくれます。昔から住んでおられるご年配の方に聞いたり、図書館などで昔の地図を見たりすることでも氏神様がわかるかもしれません)へ参拝します。

お墓参りの時と同じように、引っ越しの報告とこれまで見守ってもらったことへの感謝を伝えます。

こちらも、抱負や目標としてビジョンを心に抱きましょう。

③一宮神社、大きな有名神社へ挨拶・報告に行く

現在の居住地で有名な神社、あるいは一宮神社(その都道府県の代表神社)へ参拝します。

近所の神社は市役所やあるいは公民館のようなイメージで、有名神社や一宮神社は県庁に行くようなイメージ、と言ったら雰囲気は伝わるでしょうか。

こちらでも、お墓・氏神様と同じようにします。

【もし、引っ越し先が凶方位だった場合】

有名な神社、大きな神社では「方位除け、方災除祈願、八方除け」のお守りや御祈祷があります。お守りの拝受や、御祈祷をするのもひとつのアイディアです。

ちなみに、「方位除け、方災除祈願、八方除け」が得意な神社があります。

例えば、埼玉県の秩父神社は

当社のご祭神である妙見様(天之御中主神)は、別名「鎮宅霊符神」とも呼ばれ、凶相の年回りを転じて福を招き吉相に変える、方位・方角の守護神として信仰されてきました。家の新築や転居など人生の転機を控えて、年回り等が気になる方は方災除祈願をお受け戴くことをお勧め致します。

秩父神社ホームページより
http://www.chichibu-jinja.or.jp/sanpai/index.htm

お祀りしている神様によって得意技が違うものです。勉強、夫婦和合、病気治癒、商売繁盛、家内安全などなど神様によって、神社によってご利益の特徴があります。

ホームページを確認すると御祭神や由緒などが書いてありますし、【お住まいの都道府県 方位除け、方災除祈願、八方除け】などのキーワードで検索してみても見つけられると思います。

さて、新居も決まりいよいよ引っ越しとなりましたら、お墓参りと氏神様へ出発のご挨拶も忘れずにしましょう。

きっと、新天地までの移動を見守ってくれることでしょう。

④新居住地の氏神様へご挨拶の参拝

引っ越してきましたら、新居住所の氏神様のところへ参拝し、

「〇県〇市〇町〇番地から、引っ越してきた〇〇〇〇〇〇と申します。無事に到着でき、安堵しております。ありがとうございました。今後、こちらの地でも健やかに過ごせます様どうぞ宜しくお願いします」

と、ご挨拶をします。

これは私の勝手な妄想なのですが、前居住地の神様から新居住地の神様のところに「ウチに住んでた人間がそちらに行くのでひとつよろしく」というやりとりがあったら嬉しいな、と。

「あぁ、あそこの神様が言っていた人間だな」なんて。

ちょっとだけ心強い気持ちになりませんか?

⑤新居住地の有名神社あるいは一宮神社へご挨拶の参拝

こちらも④と同じように挨拶をします。

⑥引っ越した翌年に、前居住地神社で拝受した方位除けのお守りを郵送する

もし、前に住んでいた場所の神社で方位除けのお守りを拝受していましたら、「一年間守ってくださってありがとうございました」の気持ちを込めてお焚きあげに出します。(何が何でもお焚き上げに出さなければならないというものでもありません。複数の宮司さんに聞きましたが、お考えは様々です)

拝受した神社に、「引っ越したので、お守りを郵便で送ります」と電話をすると社務所の住所を教えてくれます。ホームページから確認してもよいでしょう。

封筒に「お守り在中 お焚きあげ願います」など書いておけば分かりやすいですね。

家族の引っ越しに一番大切なのは夫婦のコミュニケーション

私の実家は4度ほど引っ越しをしたのですが、3度目と4度目が私にとって大凶でした。

3度目の引っ越しから、父の不倫、母の事故、経済DV、壮絶な暴力が始まり、両親の離婚。4度目の引っ越し以降から虐待が苛烈になりました。

方位のせいだとは思っていません。両親に問題があった。それだけなのです。

とはいえ、3度目の引っ越しの時に父が母の気持ち(希望)に寄り添っていたら、父の野心と欲望だけで勝手に決めていなければ、もっと違った結果もあったと思います。

友人も知人もいない新天地での生活は、妻にとって負担です。

夫は会社に行けば、会社の人がいますからわからないことは聞けば良いのです。

会社で飲み会もありますし、昼食に誘われることもあるでしょう。2ヶ月もすればだいぶん慣れるものです。

その一方で妻は右も左もわからない場所で孤独に行動しなければなりません。2ヶ月後にわかっているのはゴミの出し方とスーパーと小児科の場所くらいです。

引っ越しは、夫婦のコミュニケーションが必要です。

①から⑥は、我が家が実践した方法

①から⑥は我が家が実践した方法です。

そもそも、私がこの引越しにおける神社やお墓まいりへのご挨拶をするに至ったのは、独身の時に、「吉方位への旅行」を楽しんだことがあります。

旅行から帰って来た後に、いつも何かが起こった訳ではありませんが、人生を変えることになる就職が決まったり、結婚が決まったりしたこともありました。

「関係あるかないかはわからないが、方位というものに前向きな意識を持つのは楽しい!」という考えに至ったわけです。

ちなみに、お墓まいりについては長くなってしまいますので別の機会に譲りますが、誰にも相談できずに悩んでいた心の内をご先祖様に打ち明けた後すぐに、不思議なことが起こりました。

結婚して初めて引っ越すことになったある年。

私と子どもにとっては吉方位だったのですが、世帯主である夫にとっては良くない方位でした。

そこで、上記の方法を実践したのです。

大神神社・拝殿

大神神社・拝殿

これが正解なのかは判りませんが、夫の深刻な病気が判明したことや、子どもの体調が良好になったことなどを振り返ってみると、「御先祖様と神様のおかげに違いない」と私は思うのです。

ちなみに、方位を調べるならこのサイトが便利です。

あちこち方位⇒http://h200.com/houi/

こちらは過去や未来の吉凶方位もすぐに調べられ、過去の引っ越しを確認できます。
九星気学LAB⇒http://ninestarlab.com/

あれこれ不安もあるかとは思いますが神経質になるよりは、新しい土地を楽しもうとする意欲が幸運を呼び寄せると思って、まずはあまり疲れないように過ごすことを意識してくださいね。