占いから考える新型コロナウイルスや地震などの災害について

新型コロナウイルスや東京オリンピックについての占いやビジョンを書いているここ数日。関東や中部で地震が多いのも気がかりです。庚子(かのえね)の年は歴史的に地震が多いとか戦いが多いとか言われているけれど……




災害と占い

新型コロナウイルスに地震と心配なことが続くなか、チェルノブイリの近くで発生している山林火災もかなり気になる。放射性物質を溜め込んだ森が燃えることで、放射性物質の飛散が懸念されているから。

※4月28日のニュースより。『ウクライナ当局は、チェルノブイリ立入禁止区域内で起きた森林火災の、最後の2箇所の延焼を食い止めたと発表した。28日、地元メディアが報じた。』

ウクライナ当局は、チェルノブイリ立入禁止区域内で起きた森林火災の、最後の2箇所の延焼を食い止めたと発表した。28日、地元メディアが報じた。

今年2020年の干支「庚子(かのえね)の「」から、「呼吸器系の病気に注意」と書いている東洋占術師の方のブログをいくつか見かけたのね。

(金)は肺や小腸をあらわすので、の状態が良くない場合は「呼吸器系の病気に注意」と見ることがあるんだ。

とはいえ、大気汚染はもうずっと長いこと問題になっているし、オーストラリアやアマゾンの広域山林火災もしょっちゅう発生しているので、印象として強い事象を指すことになるのかな。

史上最悪のオーストラリアの山火事の原因は「人為的なもの」であることが判明。これまでに放火で200人近くが逮捕されていた。しかし他国では一切報じられず、いまだに気候変動を非難している

(そもそも、四柱推命の考え方が地球のどの範囲までなのかが問題で、南半球はどうなんだ?アメリカは?日付変更線は?などと、難しくなってくる)

例えば、

甲乙の年(甲乙の状態が悪い年)に肝臓や目の病気が流行るのか?
丙丁の年(丙丁の状態が悪い年)に心臓や循環器系に関する病気が蔓延するのか?

というと、そんなことはないのね。(人間の命式を見るときは気にするけど)

新型コロナウイルス以前に流行したSARS(サーズ)は2003年で癸未の年。
MERS(マーズ)は2012年で壬辰の年。

両方とも十干は。水の五行は泌尿器やホルモンを表すの。なので、運気を見るときはダイレクトに「庚だから肺に関連することだ!」という見方はできないのが難しいところだね。

庚(かのえ)を考える

完全に私なりの理解なんだけどね、「」というのは外界と内界の壁(境)で行われるエネルギー交換を指すのだと考えているの。

のエネルギーは、もうこれ以上成長しないところまで到達した植物が、果実のなかに種を凝らす……って感じ。

果物の種のなかには生命がギュウギュウに詰まっていて、それは、次世代に遺伝子情報やら刻み込まれた記憶やら、「いろんなものを持ち越せるタイムカプセル」みたいなものなのかなって。

種は、自分の殻から出ていく、そんな強い変革のエネルギーを持っている。

外界の物質が内界に入るときに、変化する場所。
あるいは、内界の物質が外界に出るときに、変化する場所。

そういった意味からにはもうひとつのニュアンスが出てくると思うんだ。

あの世とこの世の「あいだの世界」。
死後の49日間に滞在する世界(幽現界)や、肺で酸素を交換するまえの胎内の世界。

あるところから、あるところへいく。
あるものから、ちがうなにかになる。

だからこそ、変革であり、雷であり、震であると私は思っているよ!

「世間が揺れ動く」とか「社会が震える」という意味合いは、こういうところから来ていて、今年の庚子は『ノアの方舟に乗り込んで、やりすごそう』と、教えてくれているのかもしれない。

地震と占い

それにしても地震が多くて気がかり。

私は日本の命式を

(運)辛未
(世)辛卯
(年)辛丑
(月)乙未

で、とっているんだ。(その理由は、新型コロナウイルスはいつ終息するのかを参照されたし)

地震の可能性で特に気になるのは2021年なのだけど、今年2020年で言えば、6月、8月、11月は(地震かどうかは分からないけど)世間を揺るがすことがありそう。

2021年が気になるのは、日本の誕生年と同じ辛丑がめぐってくる(干支併臨・かんしへいりん)という理由と、私が勝手に日本の誕生に決めた701年(大化の改新)からの命式と、来年の運気との相性がイマイチだから。

ちなみに、三陸沖に巨大地震があった(869年)9年後に、関東で大きな余震が発生したのが878年のこと。ということは、2011年の9年後である2020年+αは用心しておくに越したことはないと思う。

東日本大震災から9年。巨大地震の後には余震が続きますが、「最大余震が今後10年以内に関東地方で発生する可能性があります」と言うのは、元東京大学地震研究所の都司嘉宣(つじよしのぶ)さんです。どのような「最大余震」なのでしょうか。

いつ、どこに地震が起こるのかを予知することはできない。地球は生きていて、私たちは地球で生きている以上、地震や噴火が起こることを受け入れていくしかないんだよね。

私の持病や子どもの学校や夫の転職が厳しすぎる事情なんて、地球にはまるで関係ないんだもん。

東日本大震災を体験してから、出かけるときは必ずペットボトルの水と飴やスナックバーを持ち歩くようにしてる。

トイレットペーパーなども無くなりそうになってから買うのではなく、いつもの買い物で余裕をもって買うようにしたり、就寝時には眼鏡を枕の下に置いたり。

寝室に背の高い家具を配置するのもやめたの。阪神淡路大震災のように直下型だと家具が飛んでくるそうなので、家具がベッド側に飛んでこないように、家具の向きを工夫してるよ。

はぁ~~~

もう、ほんとう嫌になっちゃう。けど、いつかは来るんだよね。受け入れて、考えて、行動していかねば。

気が滅入っちゃうな。レイキとホ・オポノポノでちょっとリラックスしよう。

関連

「新型コロナウイルスはいつ終息するのか?」という疑問。多くの人は、しばらく続くだろうし、第2波の可能性を懸念しているのじゃないかな。私もその...
今年2020年のビジョン 東京オリンピック「お・も・て・な・し」が決まった2013年以降、2020年はどんな年になるのだろう?と意...