◆2020年全体の運勢月ごとの運勢はこちらのカテゴリからどうぞ

2020年の占い・月ごとの運勢・新型コロナウイルス関連

【8月の占い】運勢キーワード:経済と生活と精神性

8月の運勢はいつもより長文で説明しなければなりませんが、お付き合いくださるとうれしいです。




東洋占術からリーディングした8月の運勢

8月は、長期的な視野から〈経済、生活〉を考えるときです。

どういう意味かと言うと、「財を剋す」というリーディングをしたため。

というのは、いろいろあるのですがまずは経済を意味します。経済活動、経済を生むための思考、また人と人のコミュニケーションが経済活動なのでコミュニケーションを指すこともあります。見方によるのですが、世帯主や大黒柱として見る場合もあります。

剋すというのは、対立、争う、やっつけようとすることです。

東洋占術でも、タロットカードでも「8月は経済状況や経済活動につながるコミュニケーションにネガティブな雰囲気がある」というリーディングになりました。

新型コロナウイルスの影響で春からずっと混乱が続いていますから、「今さら」と言われると本当にそうなんですけども、春に占ったときにそう出ていたので「長引きそうだな」と思ったわけです。

今月は、伸びようとするエネルギーを切る(相性の問題で結果的にそうなってしまう)エネルギーがあって、どうもちぐはぐな感じがします。

大地に根を張ろうとすると、阻んだり。

熱くなろうとすると、冷やそうとしてきたり。

そういった意味から、天候や経済が荒れ気味になったり、農作物の育ちに障害がある月になるかもしれません。

先月から噴火というキーワードが出ています。今月も少し意識しておきたいところです。

新型コロナウイルスが増える、拡散する(6月、7月の運勢参照)エネルギーは金水のエネルギーと他のエネルギーの関係から見ています。

上記の「伸びようとするエネルギー」は別のエネルギーです。

さらに、新型コロナウイルスについてタロットで占ったときに「ペンタクル5」が出まして、「タロットでも経済的なところをアピールしてくるとは……」と思ったわけです。

タロット_ペンタクル5の意味とリーディング

ペンタクル5のカードは、雪が降りしきる寒い夜のなかをぼろぼろに傷んだ衣服で歩く二人が描かれています。

2020年8月の運勢・ペンタクル5とワンドのナイト

2020年8月の運勢・ペンタクル5とワンドのナイト

このカードは飢え貧困だけでなく、差別偏見行くあてのない孤独彷徨うしかない辛さなどを表します。

ペンタクル5を、私は6段階で解釈しています。

ペンタクル5
①経済的な辛さ、貧困、病気、けが
②支援がないことへの辛さ、差別、偏見
③神への怒りや諦め、内なる神との分離、人生そのものへの不信
④それでも生きる、生き延びる、自分を見棄てない
⑤同じ辛さを知っている同士と力を合わせる
⑥内なる神性を思い出す

新型コロナウイルスの影響を受けている方は私の周りにも多いです。

この雰囲気は10月に「損失」というカードが出ていることや、四柱推命でも「準備が大切。日が出ているうちに夜の準備を。」とリーディングしていることから、楽観視はせずに今から数カ月スパンで考え行動していくことを意識するほうがいいでしょう。

そして、ペンタクルは政治とも密接な関りがあります。お金の問題は暮らしそのものであり、景気、社会情勢、福祉問題などが密接に絡むからです。

新型コロナウイルスでそういった問題が表面化しただけなのだという見方もできます。

……そもそも、現在、世界中で起きているこの出来事って個人努力の範疇を大きく超えていると思います。健康と経済を別にできるわけがないのですから。

この状況ですから不況というワードは無視できません。こういう意味からも、ふだんから政治家がどんなことをしているのか知っておく必要があります。

金銭と精神状態がつながるのは当然のことです。

私自身、虐待が原因で家を出ていますから、苦しくても実家に帰れず(帰ったところで搾取されるだけだったので)、生活のために働いて働いて、眠れなくなって、生理が止まって、腕がまったく上がらなくなって、そこでもまだ自覚できなくて「これじゃあ仕事できない」と鍼灸師に相談して、そこでやっと「それは鬱というんですよ。心が病気になってしまったんです」と言われた経験があります。20年前のことです。

ペンタクル5のカードは物質的な困難が精神的な困難に直結していることを表しているのだとしみじみ思うのです。

タロットの大アルカナ5番のカードは法王です。法王は精神世界の王であり、慈愛、教え、救いを表すカードです。

5.法王

5.法王

ペンタクル5にはこの法王のエネルギーが描かれています。すなわち、精神性・霊性・神性とのつながりです。

慈愛・慈悲の心を持つリーダーを見抜く目と、育てること、選ぶことが私たちの未来を左右します。

ちなみに、タロットカードは時々、そのままだな!という出方をすることがあります。

夏に雪が降ることはないでしょうが、冷夏、長雨、大雨といった天候にも注視したいところです。

補足カード_ワンドのナイト

何度も書いていますが、今年の庚子(かのえ・ね)という年は新しいやり方を生み出すほうが、エネルギーに乗れるのです。

個人的な余談なのですが「来年は新しいことをする年だから、新しいことができる余白を作っておこう」と思って、昨年に辞めたことがあります。

昨年秋から今年の3月にかけて、我が家は子どもの健康問題と私自身の病気であちこちの病院めぐりでしんどい目にあっていました(冷汗😥)

そういったこともあって、身軽になっておこうと思ったんですね。

半分は正解で、半分は浅読みだったな……と。というのは、単に「新しいことをする年」ではなく、

✅「新しいやり方を生み出す
✅「これまでのやり方にこだわってはいけない
✅「新しい制度を創る

ことが大事だから。

とはいえ、……そんなに簡単に生み出せるものではないので、みんな苦労しているんですよね。

さて、8月の運気を見るうえで補足で引いたカードはワンドのナイト。↓の馬に乗っている方のカードです。

2020年8月の運勢・ペンタクル5とワンドのナイト

2020年8月の運勢・ペンタクル5とワンドのナイト

あー……夏休みだし、そうだよね……遊びに行きたいよね。出かけたいよね。わかる、私だって出かけたい。でも持病があるから行けないんだけど😭😭😭

ワンドのナイトは勇敢さと同時に軽はずみな行動を表すこともあります。むらっ気はあるものの目標に向かう集中力はバツグンです。それに、実際に移動しなくても距離を超えることはできます。

🔸これまで遠方で受けられなかった憧れのセミナーがzoomで開催されているから受けてみる。

🔸あるいは、zoomで開催してもらえないか打診してみる。

🔸興味があった分野の情報交換オープンチャットやサイトを運営してみる。

また、今年のテーマは新しいやり方を生み出すですから、ワンドのナイトのエネルギーはぴったり。普段から「もっとこうだったらいいのに」と思っていることを図やイラスト、動画などにして発表してみるのと面白いでしょう。

このアイディアはビジネスになる!と思うものは、盗用されないように気を付けて。ワンドのナイトは愛嬌がよくお人好しなところがありますから。

「脱・ワンマン」を目指す

8月の運気としてもうひとつ。企業や会社に限ったことではなく家庭でも同じなのですが、ワンマン気質な人(本人はワンマンのつもりはなくても)は、ちょっと考えさせられる出来事があるかもしれません。

🔶トップダウンでスムーズに物事を動かすことと、ワンマンの違いとは
🔶リーダーシップとワンマンの違いとは

それは、「経営者の決定なら支持できる」という信頼を部下が持てるほどに、
1⃣経営者の能力が高い
2⃣人徳がある
3⃣普段から理解を得られるようなコミュニケーションをしている

ドラマでもよくあるでしょう。

〇〇社長がそうおっしゃるなら……!
アナタがそうすると決めたのなら……!

みたいなアレ。

家庭でも会社でも、(特に2021年から2023年まで)ワンマンな態度は人心が離れていく一番の原因になりうるのです。

今のように波乱含みな情勢のときにはトップダウンで迅速な意思決定が必要だと言われます。それはもちろんその通りで、スピーディな意思決定は大事です。しかし、実際に動く人、最前に立つ人は誰でしょう。

これだけ金と水の気が強いときです。粘り強さは火や土にあると言われます。

トップと部下の温度差があると、トップが判断を間違ったときに誰からもSTOPが入らなくなることも……。普段からワンマンということは、要するに「考えるな。命令に従え。意見するな。ただ言われた通りにしろ。」という方針のもと、そういう人材を育ててきたのですから、当然の帰結なのです。

夫婦や親子も同じですね。

それに、愛想が尽きると無関心になるものです。

これから数年は、強制や同調圧力とは違う意味で協力し合うこと・信頼関係がこれまでよりも肝要な時代です。サバイバルだからです。蹴落とすサバイバルでは生き残れません。

もちろん、嫌な人と我慢して付き合う必要はありませんが、ネットワーク網や自分のために一肌脱いでくれる人の有無はものすごく大きく響いてきます。

2022年から水が強い運気になりますから、火や土のエネルギーで調節するのがいいのです。

東洋占術では2023年いっぱいまでは、“春うらら”な運気とはとても言えません。

今年も来年も再来年もその翌年も、暖かい火のエネルギーが欲しいのです。

ペンタクル5についての補足

「もうだめかもしれない」

そんな時は、カードに描かれているように「救済の場」に行くことをためらわないでください。

県や市の窓口はもちろん、相談窓口を設けている政党や弱者救済に熱心な政党もあります。(その政党に入らなくても相談できます)

ツイッターでも、ある政党に相談したら手続きを手伝ってくれたという体験談を検索できます。

宗教や個人の活動では、善意で尽力されている(とはいえ運営資金は必要なので、無料=良い、とは判断しないでください)、あるいは健全に運営しているところを選びましょう。ただ、私たち個人がそれを見極めるのはなかなか難しいものがあると思います。

まずは都道府県の各窓口、政党、法務省の人権相談など、公の窓口に相談しましょう。

ペンタクル5の二人のように孤独を知っている者同士で力を合わせて生きて、生き延びることです。「可能性」が生まれるのですから。

Q:自分の体なんだから好きにしてもいいでしょ?自殺はなぜしていけないの?

Q「自分の体なんだから好きにしてもいいでしょ?」 A「自分の心身を傷つけてもいいか?という意味ならダメです」 子どもに持ってほしい「...

なぜ自殺をしてはいけないの?生まれてきた理由とは?

なぜ、自殺をしてはいけないか。 “自分が自分を見棄てる”ことは最も愛から遠い行為だからです。 私の弟が小学6年生のとき、虐待を苦...

➡運気が悪いときは、①運気を自分で変える ②霧が晴れるのを待つ

お酒を飲む席(宴会場やキャバクラ、スナック等)で、 お堅い肩書きの人のほうがマナーが悪い なんていう話しを聞いたことはあ...

✅2020年全体の運勢月ごとの運勢はこちらのカテゴリからどうぞ

🔽🔽🔽

2020年の占い・月ごとの運勢・新型コロナウイルス関連