【適任・適職・得意分野】もし縄文時代だったら?経済活動が不得手な命式の人へ

パイナップルやバナナに向かって「なぜ、ロシアや北海道に自生・繁殖できないのか?」と問う人はいません。

もしかしたら、「熱帯のフルーツを極寒の地で栽培したい!」という情熱を燃やす方もいるかもしれませんが、相当な労力とコストがかかるでしょう。

熱帯の地であれば易々と行えることが、北国では命がけの困難な作業になるというわけです。

易々と行える、ということは得意分野でありそれが自然であり道理にかなっているからです。

こういったことを考える時、決まって連想してしまうのが縄文時代のことです。

過酷な状況下で生きていた縄文人は「各人の得意分野」で勝負していたのではないかと、私は密かに思っています。

縄文人の集落における危機管理

縄文土器を見ていると、ダイナミックな躍動感にあふれながらも細微まで手を抜いていない表現力に魅入ってしまいます。

火や水を表現している装飾には、まじないや願いが込められているのだろうと思うと同時に、「これを作った人は土器作りが相当に好きだったに違いない」と確信してしまうのです。


縄文土器ガイドブック―縄文土器の世界

「私は土器を造るのが上手だし、得意だ」
「そうだ、君が造った土器は素晴らしい。じゃあ、君は土器担当だな」
「私は走るのが早いし、目が良い。鳥を射ることや魚を突くことが上手だ」
「私は俊敏だ。獣の突進をもかわすことができる」

要領良く食料を入手するには、各々の得意分野に分かれた方が有利です。

「男は狩に行くべきだ、男だから戦うべきだ」という発想で狩りに行っても、狩りに関連する能力が低い者ならば怪我をしたり獣に襲われるリスクは高まり、それは集落の危機に直結したはずです。

キノコや薬草を採取することに関連する能力の低い者が、「だいじょーぶ、だいじょーぶ!」と毒キノコや毒草を採取して来たら集落全員の命に係わります。

集落の全滅を避けるための「危機管理」として、各人の得意分野や適性を判断していたのではないかと私は想像するのです。

これらは全て私の想像ですので、実際はどうだったかはわかりませんが、まず私ならばセンスのない者にキノコ採取は任せません。死にたくないですから。

個人の特性を無視することは生産的ではない

縄文時代の出産では、母体、胎児、新生児の死亡率は非常に高く、仮に相当に安産であってもしばらくは身動きが取れなかったでしょう。衣食住の働き手としては男性が担うことが多かっただろうと推測します。

ほかに狩猟に行く人手がなければ、苦手だろうが不得手だろうがやらざるを得ません。餓死してしまいますから。

しかし、ある程度の集落で生きるようになれば、集落全体の繁栄と維持を考えるものです。

集落全体の維持を考えた時に、パイナップルやバナナを極寒の土地で栽培するような労力とコストをかけるでしょうか。

却って危険だと判断するのが自然ですし、自生・繁殖が易々と行われるものを優先した方が生産的です。

縄文時代が終わってから2300年ほど経った(らしい)現代ですが、どうも、パイナップルやバナナをロシアや北海道で栽培しようと躍起になっているように感じられます。

男児に対しては、「男の子はおままごとなんてしないで外で遊びなさい」
女性には、「女の幸せは結婚して旦那さんを支えて子どもを育てること」

ここに、個人の特性は完全に無視されています。

経済的活動と自立するということ

全ての人が経済に直結した活動を行えるとは限ないものです。

なかには、芸術家として表現することにしか情熱を持てない人もいます。

「自立」という観点から見た時、それは自立からほど遠い生き方になるかもしれません。

自立という言葉は「自分を自分で食べさせる」あるいは「自分を食べさせてくれる人を支える」ことを指すケースが多いからです。つまり、経済的な活動=自立という構図です。

前者は、それこそ自分が農家になるという直接的な意味合いを抱く人もいるでしょうし、会社に就職することや自営業でお金を稼ぐことを指す人もいるでしょう。

後者は、結婚し家庭を守る役割を担うことをイメージする人もいるでしょう。もちろん、就職することも「自分を食べさせてくれる人を支える」という意味合いを含むはずです。

いわば、「自分を食べさせる」「金銭を得る」ことに直結しない活動をする人は自立していないことになります。

私は、経済的な活動=自立という構図がどこか歪んでいるように感じることがあります。集落の役に立つことができれば、それで良いはずです。

狩猟へ行く者、採取へ行く者、武器作り、土器造り、稲作を試みる者、星や天候を観察する者、家を守る者、育児をする者、病人を看る者……

経済的な活動と無縁な命式

四柱推命だけでなく、西洋占星術でもそうなのだと思いますが、多くの命式を見ているとどうしても経済的な活動と無縁な命式に出会うことがあります。

経済活動が不得手な方に思い出していただきたいのは、「自己満足と他者への貢献」この両軸が必要だということです。

比重が偏るのは構いませんが、どちらか一方では経済活動になりません。

嫌で仕方ないことを無理にやることはなく、かといって100%好きなことを探し続けるのでもなく、「嫌だというほどでもないな」と思える作業と、誰かの役に立つ作業が重なるものを探し、実行していくのです。

もしくは、自己満足で行っていることをきちんと発表し公開していくべきです。それを必要とする人に出会えれば経済活動に発展する可能性が出てきます。

パイナップルやバナナも熱帯だからこそ易々と繁殖・栽培できますが、放置しているわけではありません。害虫や病気、獣、天候などなど、人の手で対策しなければならないことは山ほどあります。

占いを活用したコンサルタントの保志です。

経営者や個人事業主の方、芸能活動をされている方、そして、会社員の方や主婦・主夫の方からの人生相談、岐路の迷い、今後の展開などのご相談もいただいております。

占いコンサルタント【シロツメ草の花冠】

https://sirotume-kusa.jimdo.com/
OPEN:Weekday/AM10:00~PM17:00

シェアする

フォローする