◆2020年全体の運勢月ごとの運勢はこちらのカテゴリからどうぞ

2020年の占い・月ごとの運勢・新型コロナウイルス関連

引き寄せって難しい~

「幸運体質になるためには、あなたが幸運を引き寄せる磁石になりましょう」という言葉を聞いたことがあると思います。

では、その「磁石」になるには、一体どうしたらいいのでしょうか?

原理としてはそれほど難しいことではなく、「テレビのチャンネルを変える作業」にとても似たシンプルなものなのです。実践が難しいだけで。

「私は、ものごと・気分を選択している」常に意識することが重要な鍵となります。




私がテレビニュースを見なくなった理由

私はテレビのニュース(ワイドショー)を見ません。なぜなら、写真や動画などの“視覚”から入る情報に、敏感・過剰に反応してしまうタチだから。

災害や事故のニュースを見ると、気分がひどく落ち込む方も少なくないのでは。

視聴者が無防備な状態で居る時に、テレビは一方的に、そして刺激的に情報を流します。

凄惨な事件ほど長い時間を取って丹念に報道しますから、視聴者は感情移入しやすい状態になります。

ニュースだけでなく、歴史書を読む時も同じなのですが、あらゆる「情報」を得るときに意識しておかねばならないことは

「この情報は書き手の立場や見方、感性、価値観、都合というフィルターを通って書かれたものである」

という視点です。

テレビのニュースであれば、当然、視聴率やスポンサーなどの影響が大きく働くでしょう。

ニュースを見るべきではない。
世の中の出来事に無関心でいるべきだ。

そのような意味ではありません。

ニュースを知っておくことは、「このような事件・事故も起こり得るのだな、よく気を付けよう」という注意喚起にもなります。

しかし、ワイドショーやニュース番組が被害者の個人情報を晒すことも含めて、私に与える影響は好ましくないものであると判断した結果、ほとんど観ていません。

私に関しては、文字で読む方が感情を揺さぶられずに済むので、ニュースはネットから知る様にしています。

もちろん、ネットのニュースも鵜呑みにしてはいけないのは同じです。私にとっては、テレビよりも文字のニュースの方が冷静に対応しやすいのです。

私たちはもともと「磁石」である

私たちは自分自身に対する感謝の気持ちや心地よさで心を満たすことができるのに、ついついサボります。

手っ取り早くできるのは、意識的に自分を心地良くしてくれる物事を選ぶこと。

効果的なのは、

木や花を見る、太陽の光に当たる、動物に触れる、自然音を聴く、掃除をするなど。

自分で自分を心地よくすると言っても、ナルシシズムに浸るのとはちょっと違います。

自分自身をうっとりさせたいのではなく、今ある恵みに実際の感情を持って感謝することが大事です。

心地よくなろう水道から清浄な水が出る!
太陽のおかげで明るいなぁ!
この食洗機は私が頑張って働いたからここにある!ついでにパナソニックの技術者も頑張って開発したのだろうし、工場の皆さんもありがとう。流通や販売に関わる多くの人によってここにあるわけだ……

っという感じ。

はい。皆さんも、どうぞ。

これをやると視点が変わるので、テレビのチャンネルを変えたように脳や体が切り替わります。

悲しみや怒りの気持ちでインターネット検索をした時と、感謝や心地よさを感じながらインターネット検索した時では、検索キーワードもクリックするタイトルも違ってきますよね。

つまり、もともと私たちはすでに「強力な磁石」であるということを自覚するべきなのです。

落ち込んだ気分を持続し続けると、落ち込むような出来事をフォーカスし続けることになり、それらに引き寄せられてしまいます。

ですから、落ち込むと解っているパターンがあるならば、そのパターンを辞めることです。

落ち込むと解っているパターン

占いコンサルタントとして、多く見聞きする落ち込むパターンとしてはフェイスブックやインスタグラムが挙げられます。

誰かのフェイスブックを見て落ち込むならば、見ないように「選択」してしまいましょう。ミュートしちゃえ。

わざわざ自分から嫉妬や比較の雨に濡れに行っているのと同じなんだもの。

積極的で前向きな気持ちが「検索ワード」を変える

適職や天職を探しているとしましょう。

検索ワードを変える
就職活動や職探しに積極的になる(具体的には、本やネットでの情報収集だけでなく、派遣登録、ハローワーク・市・NPOのセミナーを利用する等、能動的になる)

興味のある仕事がいくつか見つかり、必要な技術や資格が見えてくる

該当の仕事をしている方のブログを見つけ、コメントしたら具体的なアドバイスをもらえた。都道府県や市町村のセミナーを受講することができた。講師の先生から有用な情報を紹介してもらった。

こういった、具体的な動きが起こってきます。

「今の仕事が嫌だからなんとなくネットで検索してみる」

そんな一歩よりも、

「何の仕事をしているかはまだ分からないけど、生き生き・自分のペースで・プロ意識を持って・和やかに(←想像して、一番しっくりくるものを選んでください)働いている自分」を思い浮かべて積極的で前向きな気持ちで探してみるほうが効率的ですよ。

検索キーワードが変われば、表示される情報も変わってくるのですから。

まとめ

自分の気持ちが落ち込むパターンを知り、そのパターンと決別しましょう。

自分の気分は自分で選択できるんだ、という自覚を持ちましょう。

一歩(ポジティブな思考と働きかけ)踏み出し、小さな幸運を重ねていきましょう。

思考や活動フィールドを広げ、幸運を引き寄せやすくしてあげましょう。

「どうせ失敗するに決まっている」「私は悪くない!環境が悪いせい」「私がすべて悪いんだ、私のせいで……」などと、過去の失敗から思い込んでしまうのであれば、先に「不運な思考癖とサヨナラ」する必要があります。

「本当の原因」に出会えることも開運のひとつですし、幸運の一歩を踏み出す「小さなきっかけ」を得るのも開運のひとつです。

【参考】今までのパターンを変えたくない(何もしない)ことを選んだ時点で、「今の自分を受け入れる」という選択肢も選ばなかったことになります