イライラしない方法『今ここ実況中継』で、ヒステリーを軽減

イライラ〜!!

こんな時は、とにかく目に入ったもの、聞こえたものをどんどん実況中継していくことで、イライラの波をやりすごす(イライラを軽減する)方法があります。

今回は「育児」にフォーカスしますが、仕事の人間関係や夫に対するイライラにも応用できます。




イライラした時に、自分を過度に責めないでください

【注目①】
イライラしない。それが一番ですが、いきなり山の頂上を目指しても難しいので……イライラすること自体は仕方ないと諦めます。ただ、あなたという人間のコントローラーを【感情】にやすやすと委ねないように意識します。
【感情】が支配すると、八つ当たりをしたり癇癪をおこしたり。八つ当たりされた側は辛い思いをするし、自分も酷く落ち込むし、人間関係は悪くなるし、ほんとうに最悪です。

【注目②】
ホルモンや気圧の影響を受ける方は決して少なくないのです。あまりにもイライラが激しい場合は病院に行って血液検査などをし、自分の体と心を労ってあげられるように思考と習慣を変えていきましょう。
特に産後3年くらいは育児による深刻な寝不足等や乱高下するホルモンの影響で、産後うつ、育児ノイローゼも懸念されます。
鬱に似た症状が出ることもある甲状腺関連の病気(甲状腺機能低下症)、過労、更年期障害などの可能性も医師に相談してみることです。

状況だけをひたすら実況中継しよう

子どもがお漏らしした!食べ物や飲み物をこぼして部屋を汚した!

イライラしたら【今、ここ】に注目します。

今ここ、の実況中継は具体的にこんな感じです。

①【子どものズボンが濡れている】
②【子どものズボンは青色である】
③【冷蔵庫の振動音が聞こえる】
④【指先で触れている床はヒンヤリと冷たい】
⑤【床はクッションフロア】
⑥【外でクラクションが鳴った】
⑦【髪の毛が落ちている】
⑧【息を鼻から吸った】
⑨【息が肺に溜まった】
⑩【息が鼻から出ていった】

など、ただ、目についたもの、状況だけをひたすら実況中継するのみです。感情は抜き。

これはブッダの瞑想(ヴィッパサナー瞑想)を、私なりにずっとやりやすくしてみたもの。

本当は全然違うのですが、私はまだまだビギナーのビの字のため、難しく感じすぎて実践しないよりはマシかな……と思って、やりやすいようにしてみたのです。

上記の例に戻ると、やがて

●相手の立場を考える余白が生まれます→【我慢させてしまっていたかな】
●自分はどうすべきだったか→【トイレの声掛けをすればよかった】

このように冷静になってきます。

「ズボンが冷たいね、着替えよう。次からは早くトイレに行こうね」

このように感情を入れることなく話すことができます。

着替えさせて、床を拭いていると

【ほんの少し前までオムツだったのに……今じゃパンツかぁ】

なんて思うほどに余裕が出ていることに気づくでしょう。

「イライラ」と「感情」が抱き合ってしまう前に、『今ここ実況中継』

【今ここ実況中継】をすることで、湧いてきた「イライラ」「感情」の間に「理性」が入り込みます。

「イライラ」「感情」が抱き合うと、ヒステリックになったり八つ当たりしたりしてしまいます。その前に「理性」を働かせるのです。

「理性」が働くと具体的に行うべきTODOと、起こってしまった事象に対する改善点が見えてきます。

「どうしてもっと早くトイレに行かないの!?」
「なんでお母さんに言わないの!?」

こんなことを感情的に言って、イライラして……本当に恥ずかしく、後悔しています。

私だって、かつてはお漏らしやオネショをしていたし、子どもとはそういうものなのです。

そう。ほんとうはイライラするようなことじゃないんです。ただ、後処理が大変な私の八つ当たり……「子どもに怒鳴るのはただの八つ当たりなんだ。弱いものいじめなんだ」と、未熟すぎる私は何度も反省を繰り返しては落ち込んでいます。

私も勝率(今ここ実況中継成功率)はまだまだ低く、すぐにギャーギャー言ってしまいますが、成功した時は穏やかで平和です。

部屋のあちこちに仏像の絵を貼ろうかしら……

ブッダの瞑想(ヴィッパサナー瞑想)


ブッダの瞑想法: ヴィパッサナー瞑想の理論と実践


実践 ブッダの瞑想法―はじめてでもよく分かるヴィパッサナー瞑想入門 (DVDブック)

2+