バシャール提唱の『ワクワクのナビゲーション』と脱社畜論について

バシャール提唱の『ワクワクのナビゲーション』と脱社畜論について……自分で書いておきながらイマイチ意味がよくわかりませんが、つまりはこういうことです。

インフルエンサーが脱社畜!脱都会!とブログに書き、それをあなたはワクワクして読んでいるとしましょう。

そのワクワクが100%振り切れると、会社を辞めて田舎暮らしをしたくなったり、専業のアフィリエイターやアドセンサーとして頑張りたくなったりするかもしれません。

なにせ、ワクワクしていますからね!

でも。もし、そこに誰かモデルになるような人物への依存心があるのであれば、少し注意が必要です。その方はあなたの人生の責任を取ってくれません…

そもそも、「ワクワクのナビゲーション」とは?

ワクワクを心のナビゲーション・システムにして人生を楽しもうという思想は、バシャールによって提唱されました。

バシャールとは、ダリル・アンカというアメリカ人が交信している対象なので人間ではありません(!)

私も詳しいわけではないので明言できませんが、特定の何かではなく集合叡智……といった感じでしょうか。


バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)

ダリル・アンカは1987年に初来日した(ウィキペディア参照)というのですから、もう30年以上も前なのですねぇ

当時、日本はバブルの真っ最中。物質的価値観ぶっちぎり。イケイケドンドン。

とは言え、団塊の世代ですから根本的な価値観はおそらく「コツコツ頑張っていればいつか認められる」なのだろうと思われます。

そんな時代背景もあるので、スピリチュアルにアレルギー反応を示さないタイプの方にはすごく新鮮で、目からウロコの内容だったのではないでしょうか。

ところで、

いわゆる社会的に成功されている方にお会いすると、ワクワクのナビゲーション感性・直観コツコツのナビゲーション理性の両輪を使っているのがわかります。

メインの事業とは別に、「まだ誰もやっていないことを事業にできないか?」そんなビジネスチャンスを考えているときの経営者さんってかなりワクワクしているんですよね。

そのワクワクは、土台の事業あってこそ。

収益のある事業がないのに、ワクワクする冒険ばかり追いかけていたら家族も従業員も路頭に迷ってしまいますから。

程度の差こそあれ、これってほとんどの人に当てはまりますよね。

ワクワクのナビゲーション」が振り切れば、それはものすごい集中力を発揮するでしょうし、きっと思い切った行動に出ることが可能だと思います。

でも、食べていかねばなりません。毎日の生活も大事ですから「コツコツのナビゲーション」との両輪で進んでいくわけです。

これまたしかし、生活のための「コツコツのナビゲーション」だけで生きていくのも張りが無いんですよね……

ワクワクとコツコツの両輪のために

日常って、やらなきゃならないことが圧倒的に多くないですか?

仕事。家事。育児。PTA。付き合い。家族。親戚。義理家族。スキルアップ……

私も子どもの上靴を洗っているとき、1mmもワクワクしません。

誰だって、ワクワクすることがしたい。

上靴なんて放り出して出かけてしまいたい。

ごくたまにでかまわないから一人で一泊旅行くらいしたい!

それができないからバシャールが提唱したワクワクを心のナビゲーション・システムにして人生を楽しもうという思想が人気なんだろうなぁと思います。

ビジネスの場でも言われる「得意を選んで仕事をしよう」は、確かに効率的ですよね。

しかし、そういったことを提唱するセミナーの講師も苦手な仕事でも歯を食いしばって頑張ってきたからこそ、ディレクターやマネジメントができているというのもまた事実。

『1億総アーティスト時代到来!』とユニークなことを言う経済アナリストの森永卓郎さんも、なんだかんだ言って東京大学出身ですし、べらぼうに輝かしいキャリアの持ち主ですからね……楽しいことばかりを追いかけてきた方ではないと思います。

経済評論家として活躍している森永卓郎さん。平成15年に出版した「年収300万円時代を生き抜く経済学」などの著書で、早くから日本における格差拡大の到来を指摘してきました。平成の時代、日本経済はどう変化したのか、そして未来の日本はどうなっていくのか、話を聞きました。

かといってワクワクを諦めていたら、やりたいことから遠ざかってしまいますしね。森永さんがとてもユニークな経済アナリストでいられるのは、自分のワクワクも大事にしてきたからでしょう。(森永さんはコレクターでもある)

ワクワクのナビゲーション」と「コツコツのナビゲーション」との両輪が大切なんだな、とつくづく思うんですよ。

自由奔放に海外移住をされているように見える方も、英語のスキルアップに余念がないですし、日本に帰国するための資金には絶対に手をつけません。

冒険と無謀は、やはり違うんですよね。

ちなみに、バシャール関連の本で評判がいいので読んでみたいのがこの本。

興味あります!読んだらレビューしますね。


Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談