2018年を振り返ってみますと「現役を引退する」方が多い印象ではありませんか?

安室奈美恵さん、滝沢秀明さん、小室哲哉さん、貴乃花親方…

ワクワクのナビゲーションだけではなく、理性のナビゲーションとの「両輪」で進もう

結論から書いてしまえば、自己犠牲的に我慢して頑張りすぎる人・摩耗している人は、巷で流行りの「ワクワクのナビゲーション」を取り入れた方がいいです。

それ以外の方は、タイトルのようにワクワクのナビゲーションだけでなく「理性のナビゲーション」との両輪で進むことをおすすめします。




そもそも「ワクワクのナビゲーション」とは?

【ワクワク】を心のナビゲーション・システムにして人生を楽しもうという思想は、バシャール(ダリル・アンカというアメリカ人が交信している対象)によって提唱されました。


バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)

ダリル・アンカは1987年に初来日した(ウィキペディア参照)というのですから、もう30年以上も前なのですね。いまだに「ワクワクのナビゲーションシステム」という言葉が日本で健在であるということにはやや複雑な気持ちになりますが……

ワクワクとコツコツの両輪のために

私がお会いする経営者さんやサロンオーナーさんは、いわゆる【ワクワクのナビゲーション】=感性【コツコツのナビゲーション】=理性両輪を使っている方がほとんど。

グラウンディングができている(地に足が着いている)方は、「ワクワク」と「コツコツ」の使い方がとても上手です。

●やりたいとかやりたくないとか関係なく、やらなきゃいけないこと
●ワクワクしなくても、やった方がいいと判断したこと

そういうことも多い……というか、そんなことの方がずっと多いのではないでしょうか。

仕事。家事。育児。PTA。付き合い。家族。親戚。義理家族。スキルアップ。

ビジネスの場でも言われる「楽しい仕事をしよう」「得意を選んで仕事をしよう」は、確かに効率的に思えます。

しかし、そういったことを提唱するセミナーの講師は、得意ではない分野の仕事もやってきた経歴があります。苦手な仕事でも歯を食いしばって頑張ってきたからこそ、ディレクターやマネジメントができるのではないでしょうか。

すぐに実践できなくても、思い続けることでチャンスと出会える

「ワクワクしないけれど、なんとなく、やっておいた方が良い気がする」と、思えて仕方のないこと、ありませんか?

これから訪れる人生における変化の「ささいな振れ」をキャッチしているのかもしれません。

すぐに実行に移せなくても、情報収集を意識したり、思い続けたりすると「機会」を呼び寄せることができます。

私ごとですが……

自分で言うのもナンですが、私にはとにかく理数系の能力がありません。

「三角形の内角の和」という言葉は謎に満ちていますし、もともと割っていることを表している分数の割り算を見ると「割っているものをまた割るって……?ちょっと意味がわからない」と途方に暮れた感覚に陥ります。

だもんで、確定申告なんて本当に気が重くて仕方がありません。

そんな私ですが、プログラミングに少し興味があります。

プログラムそのものにはワクワクしないので、プログラマーになれるセンスは私にはないでしょう。

私がワクワクしているのは、その先です。

「プログラムの基礎知識を身につけたら、もしかしたら、私の夢を叶える手段の要素になりうるかもしれない」という考えにワクワクしているのです。

とはいえ、先日、書店で子ども向けプログラム入門の本を手に取ってみたのですが、まったく分かりませんでした。

「やっぱ無理だわ」とサクッと諦める可能性のほうが高いです(^^;)

そんなこんなでしばらく経ったある日、エンジニアの方と知り合える機会がありまして、勉強会に誘ってもらえました!

嬉しい!キョドキョドしてきます!

興味はないが必要性があるもの

そして、もう一つ「ワクワクはしないけどやれば自分のためになるだろうなぁ」と思っていることがファイナンシャルプランナーの勉強です。

「分数の存在が謎」「関数がなんなのか知らない」

そんなあなたには無理でしょ、とお思いでしょう。

大丈夫です。私も全く同感です。

成り行きとはいえ、個人事業主になってしまったからには知っておかねばならないお金・税金のこと。

やらないと自分が困るので渋々です。やはりここにワクワク・楽しさはありません。

テンションが全く上がりませんので、2年近くボンヤリと「勉強したいな」と思っている割に手付かずなわけです。

ただ、こういう流れで思ったことをちゃんとやっておくと、後々に我が身を助けることになるので……頑張らないと~

書店で、プログラミングやファイナンシャルプランナーの本を手に取って、焦げたどんぐりを食べているような顔をしているおばさんがいたら、私かもしれません。

スポンサーリンク
最近のコメント