「占い」の語源は「心(“うら”と読む)」

占いの語源は「心(うら)」

「占い」の語源なのですが、「心」なんだそうです。

この「心」は(うら)と読みます。

うら寂しいうら悲しいなどで使われている、あの「うら」です。

心の中は見ることができませんから「うら」、 見えるところを「おもて」。

「うら」が潜在意識、「おもて」が顕在意識とも言えるかもしれません。

今は「羨ましい」と表記しますが、 昔は「心病ましい」だったそうですよ。

心(うら)→「占い」となったというこの説、なかなか説得力があると思いませんか?

古代祭祀、例えば卑弥呼がしていたであろう占いというのは、多分、天候と食糧のことがメインだったのではないか、と思います。それから、民と土地を守ること・・・防衛と攻撃についてでしょうか。

山の神に狩猟許可を願うことや、海難事故防止の祈り、噴火や地震を鎮める祈祷、怪我や病気の治癒・・・そういった、生命に直接関わることばかりだったはずです。

現代に続く、神社で執り行われている占いは「神のお告げであり神聖なメッセージ」という認識でいらっしゃる方も多いでしょう。

私たちの身近にある占いは、ひとつの「ツール」でいいのではないでしょうか。

占いを間に挟んでいるからこそ打ち明けやすくなったり、今までと違う角度で問題点を見つめることができたり、新しい発想・発見があったり、そういうツールです。

判断するのも決断を下すのも、その道を実際に歩むのも・・・当人にしかできないことです。

心が弱っている時ほど、他者の発言や占いに振り回されてしまうもの。

占いの語源は心。

あなたの潜在意識、裏側には何がありますか?

もし、そこに見捨てられ不安や劣等感などが在った場合、あなたが「おもて」で取るべき行動が見えてくるはずです。

占いに決定権を譲らないように、あなたの心をよく見つめてみてください。

主婦のための転職・再就職・適職コンサルティング
シロツメ草の花冠HP⇒https://kanmuri.jimdo.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする