「頑張らなくても良い」という言葉は途方もなく陳腐で薄っぺらい

今回は少々毒舌になります。

「大丈夫だよ」
「頑張らなくても良い」
「やりたいことだけやれば良い」

私にはこれらの言葉は途方もなく陳腐で薄っぺらいように感じます。
いえ、言葉そのものが陳腐で薄っぺらいのではありませんね。

「大丈夫だよ」と笑顔で言う、そんなあなたは大丈夫なのでしょうけれど、言われた私はちっとも大丈夫じゃないわーい!

……っていう経験をされた方、いらっしゃいます?

これらの言葉を他者に使う時は、相手の状況をよく見ましょう。励ますつもりが、相手をより傷つけ、深く絶望させる可能性があるからです。




頑張らざるを得ない状況だから

「頑張りすぎているがために、もっと頑張らなければならない状況」を引き寄せることは、あります。あるあるです。

もはや「頑張り」ではなく、自己犠牲的になってしまっている状態に、自分では気づけないものなんです。

とはいえ、そもそも、頑張らざるを得ない状況だから頑張って頑張って自己犠牲的になってしまっているわけです。

そういう辛い立場の人に、

「頑張らなくても良い」

この言葉は酷なんです。

どうしても何か言いたいならこっちです。

頑張る方向や種類を変えてみない?

というわけで、ここで私の母の話を少しさせてください。

骨折したにも関わらず病院を抜け出してきた母

私が4歳か5歳くらいのころのことだったと思います。母が大型トラックに轢き逃げされ、足を骨折しました。

救急車搬送されたものの、隙を見て病院を抜け出しタクシーで帰って来たのは、幼児二人(私と弟)の世話のために止むを得ず、でした。

私の父は猛毒親(暴力、経済DV、不倫)、母は完膚なきまでワンオペのため誰にも頼る人がいませんでした。

母が病院から抜け出してこなかったら、私と弟は二人きりで空腹のままずーーーっと母を待ち続けていたでしょう。

結局、母は高熱を出し(骨折しているから当然)、翌朝すぐに病院へ。病院から抜け出すことはできなくなりました。

母、母の友人、親戚、私の友人と、どういうわけか私の周囲には苦労人が多く「大丈夫じゃない状況を、子どものために根性と気迫で乗り越えてきた人たち」が身近にいるので、

「大丈夫だよ」
「頑張らなくても良い」
「やりたいことだけやれば良い」

という言葉を発したい人は、相手のタイミングは見てほしいとしみじみ思います。

私の周囲の人たちは結果的に何とかなっただけで、母の友人は夫の暴力で亡くなりました。

大丈夫だった人は、ただひたすらに偶然、「大丈夫じゃない状況を、子どものために根性と気迫で乗り越えられた」だけなんです。

私が、30年以上前の母に会って言うとしたら、

今のその頑張りは薄めて軽くして、頑張る種類と方向を変えた方がいいよ。
その人は変えられない。お母さんの意識と行動を変えるしかないよ。
お母さんが他界した後も変わらなかったよ。

切ないですけど……。

母はどうするのが最善だったのかなぁ。帰れる実家もない、頼れる人も居ない状況で。

福利厚生のしっかりした会社で働くことは先決だったと思います。借金や学歴などいろいろあったようで、そのあたりも難しかったのかもしれません。

虐待やモラハラ夫という環境があると「マイナスをゼロにする」のが本当に大変です。個人の力でゼロに持って行くよりも、組織や社会の力を利用した方がいいでしょう。

具体的には、財形のある会社に入社して借金を手早く返す、社員寮や家賃負担のある会社に入社する、などですね。場合によってはシェルターや保護施設を探すということも必要でしょう。

でも、母に一番必要だったのは、「この人は私を愛してるのではない。自分のことしか愛していない」という本質を受け入れることだったんじゃないかな、と思います。

「頑張らなくて良い」という言葉に説得力を持たせられるほどの頑張りマスター

「頑張らなくて良い」……この言葉を発しても違和感がない人は限られます。

なぜなら、「こんなに頑張った人が言うなら」と思わせるほどの頑張り経験者でないと説得力がないからです。

頑張りマスターの筆頭と言えば、やはりイエス・キリストではないでしょうか。

イエス・キリストはすべての人の罪を背負って十字架に磔にされ天に召されました。その三日目に復活したと言われています。

その凄惨な死と再生の経緯があったからこそ、キリストの全てに説得力が生まれたのです。

普通の人が「あなたの罪は赦された」という言葉を使ってごらんなさい。

「はぁ?」ですよ。

キリストだから「はぁ?」とならなかったのです。いや、もしかしたら磔にされる前ならば、内心「はぁ?」と思っていた人もいたかもしれません。

でも、十字架に磔にされてからの「あなたの罪は赦された」を聴いたら、本当に赦されると思いませんか?

頑張る「方向」と「種類」を意識する

私が実家から出た日、「我慢して実家に住み続けることを放棄」したのですが、そのためにまた別の我慢や頑張りが発生しました。

ブラック会社のモラハラから脱出するのも「我慢しなくても良い」「頑張りすぎなくて良い」に該当しますが、他の我慢や頑張りが発生します。

頑張る場所が違う、頑張る種類が違う。

頑張りどころを変えるのです。

好きなことを仕事にしても、業務のなかに必ず嫌な作業はあります。我慢や頑張りは付いて回ります。

ただ、その我慢や頑張りが前向きで自己犠牲的ではない健全なものかどうかが重要なのです。

私も一度だけ「もう頑張らなくて良いよ」と言ったことがあります。

わが夫が苛烈なモラハラで会社に行けなくなりました。

布団から出られなくなり、上司と同じ名字の漢字にさえ吐き気を見せる夫に、「もういいよ、なんとかなるよ」

こう言う以外にありませんでした。

この時、勇気や覚悟が必要だったことをよく覚えています。

「なんとかなるよ」は、「なんとかならなかったら、私がなんとかする」という決意表明だったからです。

時として、この言葉はとてつもない威力を発揮します。

だからこそ、上っ面だけでこの言葉を使うことを薄っぺらいと思ってしまうのです。

4+