Rhマイナスは霊感が強い?




血液型のRhマイナスの人は霊感が強いらしい?

先日、お客様と話している時に「血液型がRhマイナスの人は霊感が強いらしい」という話題になりました。

私はRhマイナスをかれこれ40年ほどやっています(?)が、初耳でした。

自分がRhマイナスだと知ったのは、人生初めての献血をした高校生の時。両親に確認したところ、二人ともプラスでしたので「そんなことってあるのか」と、母はわざわざ血液検査までしました。

さて、「Rhマイナス霊感あり」説ですが、どうなんでしょうねぇ……

本格的に霊が視える友人知人がいますが、Rhマイナスか?なんて聞いたことがありません。

そもそも、日本ではRhマイナスの人ってどのくらいの割合でいるのでしょうか?

日本赤十字社 大阪府赤十字血液センターのサイト、「Rh血液型について」ページを見てみましょう。

日本人のRh陰性の頻度は0.5%で、白人の頻度15%に比べると相当低い率となっています。

日本人ではRhマイナスは200人に1人、AB型は10人に1人ですから、同じAB型でRhマイナスの人は2000人に1人です。

つまり、Rh-A型は2000人に4人Rh-O型は2000人に3人Rh-B型は2000人に2人Rh-AB型は2000人に1人ということです。

確かに、私も出産に備えて自己輸血をコツコツ採血されましたね。

この希少性から、「Rhマイナスの血液型の人には霊感がある」というウワサになったのではないでしょうか。

でも、「Rhマイナスだから霊感がある」というのは関係ないと思います。

もしかしたら、「自分の血液型が少ない・特殊である」ということを本能レベルで知っていて、危険を回避する直感が強いとか、なるべくケガをしないような行動を無意識にとっているとか、そういう働きを「霊感」と言えないこともないかもしれませんが……

ちなみに、普通に蚊に刺されます。

ただ、「あなたの血液型は○型でしょう?」と言われる場合、大抵はずれです。日本に浸透している血液型のイメージとは違う印象を持たれるようです。

日本人におけるRhマイナスの出現率はなぜ低いのかしら?と思いググってみたところ、ネフィリム(旧約聖書に登場する種族だそうです)が先祖だとか、宇宙人(地球外生命体)だとかのページが……平凡な人間ですよ(汗

スポンサーリンク
最近のコメント

    フォローする