【断捨離のコツ】断捨離は卒業。モノと一緒に成仏できずにいた思いや辛かった気持ちも捨てました

春分の日に、思い切って断捨離したんですよ。

断捨離ってモノを捨てることが目的なんじゃなくて、執着や未練を手離すことが目的なんですよね。

その過程で、自分が望むものや望む在り方を知るのですが……要は自分と向き合うわけです。

私が捨てたものは、子どものお祝いにいただいたオモチャでした。




思い切って断捨離したもの

子どもが生れた時に叔母からのお祝いでいただいたオモチャ。私の母はもういませんからすごく嬉しくて、ずーっと取っておいたんです。

汚れてしまっているし、壊れてる部分もあるし、もう必要ないのですがなかなか捨てられなくて。

で、気づいたんですよ。

「私は、祝福されたという証拠が欲しかったんだなぁ」と。

実父とは絶縁していますし、義理の家とも離れています。親戚も滅亡の一途。

私自身が虐待されて育って「お祝い」と縁がないんですよね。お誕生日も記憶にあるのは一度だけ。お年玉はほとんどなし。成人式も着物はとても無理だったので、バイト代で買ったスーツで行きました。

お祝いととにかく縁が薄い人生だから、子どものお祝いをしてもらったことが本当に嬉しかったんですね。

自分がお祝いされてるみたいで、嬉しかった。

捨てようとする時に「ズキッ」とするわけですよ。

厚意を捨てているような気持ちになって。

きっと……

自分が欲しかったものの権化だからズキッとしたのでしょう。

手離す前に手に入れているからこそ、手離せる

捨てることができたのは、あるものをすでに手にしているのだと思い出したからです。

私は育児がヘタクソで、自分をぼこぼこにしてやりたくなることがよくあります。それでも、わが子の幸せを誰よりも信じ願っています。

そして、そのためには「私が子どもに依存しないように、幸せを感じながら生きること」がとても大切だと知っています。

そういう、ひとつの答えを手にしています。

「このオモチャがなくても、私はそれをちゃんと理解している」と思えたことが、捨てることを後押ししたわけです。

それは、すなわち【卒業】でした。

一緒に卒業できた辛い思い

子どもが生まれてからというものの、「とにかく、新生児が死なないように」と、大げさじゃなくて、本当にそこを目標にワンオペ育児をしてきました。

「壁に穴が開いてもいいや、子どもが無事なら。洗濯物が夜も干しっぱなしでもいいし、お風呂なんて1日2日入れなくてもかまわない。子どもだけは温かいお湯とタオルで拭いてあげればなんとかなる」

そう思っていないと、たった一人でナマモノを24時間保護し続ける精神がもちませんでした。

そういう、あまりにもしんどかった育児期間に対しても、「ありがとう、もう大丈夫。さようなら」できたのです。

色々なものを手離せた断捨離となりました。

1+