眠る前にベッドの中で思い出したことが潜在意識に刷り込まれる?禁煙と潜在意識の関係

寝る前にどんなことを考えていますか?思い出していますか?

突然ですが、みなさんは布団に入ってすぐ眠れますか?

サッシが痛くないのかな?

私はついつい携帯をいじってしまったり、本を読んだり、余計なことをごちゃごちゃと考えたりしてしまいます。

やりたかったのに出来なかったこと、イヤだったこと、送りそびれたメールのこと……

寝る前って(当たり前ですが)すごく無防備になっているんでしょうね。頭や心に一番印象に残っていることを思い出してしまうものです。

「イヤなこと」「カチンときたこと」などのネガティブな出来事のことのほうがパンチがあるので、幸せよりも不幸せの方を感じやすいのでしょう。

もしかしたら危険予測や危機回避という防御本能も働いているのかもしれませんが、このクセが積み重なると、ちょっとお後がよろしくないようですよ。

潜在意識と顕在意識

「寝る間に勉強したことは覚えやすい」「寝る前に記憶したことは忘れにくい」という話しを聞いたことはありませんか?

これは「脳」の働きについての話しですが、潜在意識も同じようなことが言われているのです。

潜在意識は、顕在意識(けんざいいしき)とセットで説明されることが多いでしょう。顕在意識は意識できる意識のことで、潜在意識は意識できない意識のこと。

読んで字のごとく「確かに在るけれど潜っている意識」ということから、木の根をイメージしたり、「氷山の一角」などの表現を思い浮かべる方もいるかもしれません。

木は土から上の部分しか見えませんが、土のなかには張り巡らされた根があります。氷山も海面に見える氷の塊はごく一部で海の中には巨大な氷塊があると言います。

顕在意識潜在意識」を違う言葉に置き換えてみましょう。

自分で認識できる思考無意識に思っていること

こんな感じでしょうか。

このふたつがズレていると、達成したいはずの目標が実行できなかったり、叶えたいはずの夢を逃してしまったりするのです。

夫の禁煙成功は麻酔科医が潜在意識にアクセスしたおかげ!

わが夫のケースを例に挙げましょう。

夫は、私が妊娠しても出産しても煙草を止めませんでした。確かに、私たちが起きている時は家の中では吸わなくなりましたが、寝室に居る間はこっそり換気扇の下で吸っていました。

ある時、夫に深刻な病気が判明し手術することになりました。

さすがに今度ばかりは煙草を止めるだろうと思っていたら、実はこっそり吸っていたのです。

手術1ヶ月前の麻酔科の先生との面談の際に、

「煙草はもう吸われていないですよね?え?まだ止めていなかったんですか……(沈黙)
手術の危険性についてきちんと認識された方がよろしいかと……(沈黙)
自分で減らせるリスクは無くした方がいいと思いますが……
まぁ、ご本人がどうしても止めたくないのなら……仕方ありませんね、じゃ、1ヶ月後に」

と、それはたいそう静かにぼそぼそっとおっしゃったそうです。

夫にはその静かな言い方が、ぐさーっと刺さったそうで、それからすっぱり煙草と縁を切りました。

あの時の麻酔科の先生、本当にありがとうございました!!

麻酔科の先生の言葉が、「煙草くらい吸ってても大丈夫なんでしょ、別に」という夫の潜在意識を揺さぶったのです。

潜在意識が「うそ!?俺、ヤバいんちゃう!?」と思ったからこそ、今までの舐め腐った態度を悔い改めたのです。

潜在意識に送り込んだらダメなもの

夫の禁煙のような、いわゆるショック療法的に潜在意識にアクセスするのは、なかなか難しく意図的にできることでもありません。

できれば、慢性的に緩やかに穏やかに潜在意識に働きかけたいものですよね。

この時に注意したいことは、恐怖や悪いイメージを潜在意識に送り込まないことです。

夫の場合は、病気判明の時と手術を勧められた時に「まだお子さんも小さいですし、ご本人もお若いのですから、手術はむしろ前向きに捉えていただきたい」と主治医に言われていますし、1ヶ月前の麻酔科医との面談でも「自分で減らせるリスクなのに」と言われています。

つまり、手術をすること自体には(もちろん危険はあるが)前向きに取り組みましょうね、というポジティブなメッセージをもらっています。

「あれ?禁煙しないともしかして危険なのか?!」

「手術を成功させたい!」

俺はまだまだ生きたい!!そのために俺がやれることはやるぞ

という、本当の、真の願いがクリアになり、前向きな禁煙となったわけです。

つまり、恐怖や悪いイメージで潜在意識をコントロールしようとするのではなく、ポジティブな真の願いが表面化されることが重要です。

「禁煙しないと手術に悪影響がでるから止めよう」とイメージングするのではない、ということです。

潜在意識への働きかけ

顕在意識でいくら「禁煙しなくちゃなー」と思っていても、潜在意識の表面に近いところが「でもまぁ大丈夫っしょ」と思っている限り、禁煙しません。

表面に近いところにある「でもまぁ大丈夫っしょ」の層を、五ェ門の斬鉄剣が「今宵の斬鉄剣は一味違うぞ」とスパァッと斬るような、次元のマグナムが火を噴くとか、まぁ、なんでもいいんですが、とにかく一番上の層を開いてしまう必要があります。

ショック療法的にやるのではなく、慢性的に緩やかに切り開く方法としてはこんな方法があります。

<夫の場合>

●自分が煙草の欲求に打ち勝っているところを思い浮かべる
●つまり自分は強い精神力を持った人間であると納得する
●禁煙して得られる様々なメリットをイメージする(麻酔科に褒められる、体臭の改善、お小遣いが増える、肌ツヤが良くなる、抜毛が減る、妻子が喜ぶ、健康になる)
●禁煙に成功した人の経験談を読む
●過去に成功した「俺は本気出すとできるんだぜエピソード」を思い出す

潜在意識をもっと大切にしてあげよう

「潜在意識」に「ネガティブ」を貯金をするのはもうやめましょう。

寝る前には、今日一日のなかで幸せに感じたことを思い出したり、明日の夜19時以降は何も食べずにいられる私をイメージしたり、子どもと遊びがてら楽しく運動している私の爽快な笑顔を思い描くことにします。

というか、私はレイキをもっと活用しよう!

レイキとは?⇒レイキヒーリングのカテゴリへ