神様に呼ばれないと行けない神社?玉置神社で占い師が体験したこと

◯◯神社は呼ばれた人しか辿り着けない

「神様に呼ばれないと行けない神社」という神社が本当にあるのでしょうか?

こんな言葉を、神社やパワースポット好きの方ならきっと一度や二度は聞いたことがあるはずです。

ここ奈良にも、そうウワサされている超・有名な神社があります。




神様に呼ばれないと辿り着けない神社がある?

ウワサの神社は、奈良県吉野郡十津川村の玉置山に鎮座する玉置神社(たまきじんじゃ)です。

奈良県と和歌山県の県境ちかく、山深~い場所の山の上に鎮座される神社でして、創建もよくわからないほどに歴史のある神社です。

玉置神社の駐車場からの眺めがもうず~~~っと山。空と山の峰しか見えないんです。上のGoogleマップの左下にある「航空写真切り替え」のサムネイルをクリックしてみてください。

見事なまでにでしょう。

まさに「霊場」「霊山」「修験道」という言葉がひしひしと心に迫ってくる、そんな場所です。

10年ほど前、「熊野の神社をめぐりたい!」と思い、和歌山県の紀伊勝浦から玉置神社へドライブしました。

朝陽を眺めた熊野灘は清々しさに満ちていました。熊野灘は砂ではなく丸い石の浜辺なので、寄せては返す波に「ガラガラー……ガラガラー……」と音を立てていたのが印象的でした。

さすがに海に入っての禊はできませんでしたが、あの海辺に佇んでいるだけで清浄な気持ちになれました。

海から山へ視野を変えて奈良県方面へ運転していくと、エメラルドグリーンが美しい熊野川沿いのドライブとなります。

やがて道路の幅はどんどん狭くなり、分け入っても分け入っても山、山、山、山、山……。

玉置神社への道のりは容易ではなく(実際に通行止があり、迂回しました)、自動車のなかった時代にはさぞや苦労しただろうと思いながら、狭い山道に緊張の連続でした。(道路を作るのも大変だったでしょう)

玉置神社は奈良県に位置しているものの、奈良より熊野(和歌山)の色合いが強いように感じます。熊野の奥宮とも言われていますし、熊野の神社を巡る旅でしたからなおのことそう思ったのでしょう。玉置神社の詳細については後ほど記事にします。

玉置神社

玉置神社

玉置神社

玉置神社

地理や気象条件が大変に厳しい場所に鎮座される神社があります。

山頂に鎮座している
深い雪に閉ざされる
登山でしか参拝できない

などです。

日本の信仰心や自然へに対する畏敬の念を感じずにはいられません。

玉置神社へも「ぜひまた行きたい!」と思いつつ実行できていないのは、やはり行くのが大変だから。(あの激狭の山道道路が怖いのです。初めて行ったときは知らなかったので行っちゃいましたが)

辿り着くのに困難な神社に行けると、特別感も相まってとても嬉しいものです。そういう場所は霊山と言われることが多いですしね。

必要な出会いのために、必要な別れを後押しくれた玉置神社

玉置神社の不思議な話しについてですが、カフェで友人たちと奈良のパワースポットについて盛り上がっていた時のことです。

私は玉置神社に参拝したことがきっかけで、いずれ、対峙して断ち切らなければならない親との縁断ち切ることになりました。

「なりました。」とあっさりそうなったのではなく、強引にそうなったという方が適切な流れでした。

幼少期から青年期までは虐待に苦しみ、早々に家を飛び出したものの大人になってからも振り回され続け、特に母が他界した後はどうしたらよいか考えあぐねていたのです。

私から絶縁を切り出したのではなく、親から「そんなに俺の言うとおりにできないなら勘当だ!二度と来るな!」と言ってくれたのですから、結果的に私は「親に勘当されたから」と、堂々と離れられました。

そんなことから、

○悪縁を切りたいが勇気が出ない
○手放したい癖・依存と戦っている
○悩みや関係を断ち切って新たに進みたい

そんな悩みがある場合に、グラウンディング(現実と向き合う)の機会を授かる神社として紹介しようと思ったのです。

ところが、

玉置神社さんに参拝に行ったんだけどね」と話し始めると、テーブルのランプが点滅するのです。

何度も電気が点いたり消えたりして、まるで子どもがふざけてスイッチで遊んでいるようでした。

向かいに座っていたYさんが、私の目を見て(ちょっと……ランプが……)と合図を送ってきます。

要(かなめ)の話しをしようとすると、ランプが点いたり消えたり。

「ねぇ……、(この話し)止めようか」
「うん、止めよう^^;」

神社の話しを止めると点滅もピタリと止まりました。

ランプがチカチカと点滅したときは、「カフェで興味本位に任せて話題にするべきではなかったのかも」という気持ちがよぎりましたが、後から振り替えるとそうではなかったのです。

「あなたの亡くなったおばあさんがこんなことを言っていますよ」というような感じの能力は私にはありません。

チャンネルが合った瞬間に不思議なものを見たり聞いたりすることはあります。チャンネルが合った時にテレビやラジオの視聴ができるのと同じです。霊感の強い人がそばにいたり、磁場だとか土地の力だとかによって感度があがるということはあると思います。

今回の「ランプの点滅」は、そんな、時々起こる“不思議なメッセージ”のひとつだったのでしょう。

ご一緒したのがYさんだったからこそ、点滅したのです。

Yさんに強い印象を残したオカルトチックなこの出会いが縁で、後にYさんとは深いお付き合いをさせていただくことになるだけでなく、私の占いコンサルタントの方向性を大きく変えることになりました。

夫との出会いも不思議でした。→運命の出会いと結婚の決め手は、◯◯◯のビジョン

明日はバレンタインデーなので、夫との少しオカルトな出会いを書いてみます。 夫と出会った瞬間に母が見せてくれた未来ビジョン 私が転職して2...

「引き寄せ」の流れを変えるには、素直でストレートな感謝・感動を

行くのが困難なサンクチュアリやパワースポットに辿り着けて嬉しい!という特別な日の感動は毎日の生活エネルギーに良い影響を与えます。

普段の生活のなかで、「毎日がワクワクすることや感動できることばかり♪」と言える人はそうそういないと思いますが、実のところ毎日の生活で感激できることはたくさんあるのです。

「自分、二足歩行しててすっげぇな!」
「蛇口からお湯が出るなんて最高!いや、清浄な水が出ることがもうスゴイ」
「自分以外の人が料理を作ってくれるなんて、ここは竜宮城か!?」

探せば、そんなすごいことが周囲には溢れています。なのに、いつのまにか不平不満の方が多くなりがち。

気づかぬ間に潜在意識に不平不満を溜め込み、いっそう不平不満の波動が大きくなります。

大きな波動は、感動や感謝といった細やかな波動をかき消します。

すると、よりいっそう不平不満にフォーカスしやすくなるので、引き寄せの法則が働きます。↓
運気が下がると、よくない選択肢を選びがちになるのと同じことが起きます。

この流れを変えるのが、嬉しい!幸せ!ありがとう!というストレートで素直な喜びなんです。

ですから、お墓参りや神社参拝は、感謝スイッチが入る良い機会であり、感謝・感動は、ストレートに素直にするのが良いのです。

感謝することが思い浮かばない方は、あなたが生れてから数ヶ月間のことを思い出してみましょう。

あなたはかつて、歯がありませんでした。視力・聴力も弱く筋肉も臓器も体温調節機能も、何もかもが未発達な状態で誕生しました。人間の赤ちゃんは、数年にわたって誰かがお世話をしないと絶対に、絶対に生き残れません。

ゲップひとつですら親が背中をトントンしてくれなければ出すことができず、ゲップができないことで胃が苦しくなったり吐いたりしてしまいました。首を動かすことすらできず、音を聞き分けることもできませんでした。

「重力と一緒に横たわることしかできない赤ちゃんだった私が、自力でここまで来られるようになりました」と仏壇、お墓、神社に報告してみてください。

それも、立派な【感謝の表明】なんですよ。

私のように虐待されていた方は無理やり親に感謝しなくてもよく、神様に感謝すればいいのです。

神社やお寺はそういう場として利用してみてください。家で勉強がすすまないとき、カフェで勉強するとはかどったりしますよね?

内観も、家より神社やお寺でするとはかどりますよ。

パワースポットや吉方位を生かすなら

玉置神社のある十津川村周辺は秘湯・源泉掛け流し温泉も有名なのは、パワースポットや方位取りに興味のある方ならご存じでしょう。

玉置神社のある十津川村へ行く場合、十津川村かその周辺の宿で一泊する方がほとんどだと思います。玉置神社から吉野の金峯山寺までおよそ90キロメートルあり、山道ですから3時間はみておきたいところです。

私のように、和歌山から入って奈良を北上する場合や、奈良・京都方面から来る人、もちろん奈良の山の秘湯を楽しみたい人は、十津川温泉か洞川温泉、あるいはもう少し頑張って吉野温泉か、概ねこのあたりで宿泊を考えるでしょう。

いずれにしても玉置神社に行くなら温泉はやはりおすすめです。

あそこまで行ってどこにも入らないのはもったいないです。そもそも私は吉方位取りで神社+温泉に行くようになり、そのまま方位関係なく温泉めぐりするようになったクチです。出産してからは全然行けなくなりましたが……

1.十津川エリアの温泉

まずは、玉置神社のある十津川村エリアの温泉宿から見てみましょう。

写真をクリックすると、ゆこゆこネットの十津川温泉宿の一覧ページです。ゆこゆこネットは写真が大きいので旅館情報が掴みやすいです。

写真は、二津野湖畔を眺めながら露天風呂(もちろん源泉掛け流し)に入れる湖泉閣 吉乃屋 です。

ほっこり寛げる民宿から、ハイクラスと言ったらいいのでしょうかね、完全な離れの宿までいろいろあるので比較もすごく楽しいです。

十津川・奥吉野エリアの温泉一覧・口コミ・料金を見てみる

こちらの画像リンクはじゃらんの一覧が見られます。じゃらんは口コミが見られるので便利です。

私が次回、十津川温泉に宿泊するならここにしようと思っています!
9種の豊富な湯量を誇る天然温泉は100%源泉かけ流しの十津川温泉 ホテル昴の宿泊料金や詳細を見てみる

子どもと一緒なので長風呂はできないでしょうけれど、これだけ源泉掛け流しのお風呂の種類が豊富だったら、かなり食いつきそうです。贅沢……

2.入之波温泉 山鳩湯

平安時代には温泉として利用されていたという、薬湯で知られる入之波温泉(しおのはおんせん)山鳩湯は、これほど山奥にも関わらず多くの温泉好きから愛される超有名温泉です。

宿泊は要予約とのことで、日帰り入浴を利用される人が多そうですね。

入之波温泉 山鳩湯 日帰り入浴のの口コミや料金を確認する

もう、絶対に入りたい!

公式ホームページ↓

奈良県観光公式サイト↓

お気軽に天然温泉をご利用して戴き、そして心やすらぐひとときを! 入之波温泉 山鳩湯。川上村。吉野路エリア。温泉。温泉・宿泊。奈良県観光公式サイト「あをによし なら旅ネット」(旧大和路アーカイブ)あおによし なら旅ネット。奈良大和路への旅に役立つ観光情報満載!伝統行事をはじめ、神社仏閣の秘宝・秘仏の特別公開などのイベント...

3.洞川温泉エリア

修験道によって開発されたような歴史を持つ洞川(どろがわ)温泉。今もなお、修行のために大峰山に入る人や山を降りてきた人を見かけます。

洞川温泉の一覧・料金を見る

上の画像リンクはゆこゆこネットの洞川温泉一覧ページです。この写真は「宿 花屋徳兵衛」のお風呂。創業500年とのことで、洞川温泉エリアで人気のお宿です。

洞川温泉の口コミを見る←じゃらんの一覧ページなので、口コミが見られます。

洞川温泉旅館のお風呂なのですが、種類が少ない・男女1ヶ所ずつのみというお宿もあるので「洞川温泉センター」も利用して洞川温泉を楽しむ方も多いようです。

洞川温泉センターの詳細・利用料金・口コミ

私が以前宿泊したのは洞川温泉なのですが、長時間運転+慣れない細い山道でヘトヘトになってしまったこともあり印象は薄いんです。

この温泉街は「鄙びた」という言葉がよく似合うところで、悪く言えば地味。よく言えばレトロ。死と生を濃く体験するのであろう「修験道」という独特な宗教観や歴史とともにある温泉街です。そんなことに思いを馳せながら、しっとり過ごしたいですね。

4.吉野温泉エリア

桜であまりにも有名な吉野。

吉野温泉・湯元 宝の家 詳細・料金・口コミを見る

この眺めは最高ですねぇ……でも桜の時期は混むんだろうなぁ……(遠い目

桜の時期で無くても行ってみたいお宿ですし、日帰り入浴もできるのがいいですね。

歪んだコードを断ち切る後押しをしてくれたパワースポット玉置神社

あまりにも歴史深く、神秘的な玉置神社だからこその「神様に呼ばれないとたどり着けない神社」というウワサなのでしょう。

私も、30年に渡って悩み続けたネガティブなコードを断ち切る後押しをしてくれた玉置神社はパワースポットに違いないと思っています。

それでも、神様が呼んだか呼ばないかは神様にお任せして、その場所にたどり着いた縁を素直に喜んだ方が開運に繋がるのではないかな、と感じます。