【新月のお願い】の具体的な例文

こんにちは。保志です。

「新月のお願いの書き方が難しい!」という声をよくいただくので、例を簡単に書いてみます。

「新月のお願い」はすっかり有名となりましたので、ご存知の方も多いと思います。

私は、ずいぶん前になりますが、占星術師ジーニーさんのブログで知りました。
星占い,ジーニーの助けてエンジェル

お願いの仕方の詳細は
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/blog-entry-754.htmlを参考になさってください。

新月のお願いを書く際のポイント

新月を迎えてから24時間以内に書きます。

もっとも願いが叶いやすいのは新月になってから8時間以内と言われています。

紙にボールペンで書きましょう。

「私は~です」という文体で書きます。「私は」を主語にすることと、「叶ったことを先取りして」書くことが最大のコツです。

お願い事は10個まで。ジーニーさんは、「最後のひとつは世界の幸せを願う」ことを提唱されています。

願いが叶って喜んでいるところを味わいながら書いてみましょう!

ちなみに、「何時に新月になるの?」と思いますよね。国立天文台のホームページから、新月や満月が何月何日の何時に迎えるかが書いてあるページに行けます。

ほかにもアストロアーツのホームページからも確認できますよ。

お願い事の書き方【NG例】

①彼氏がもっと優しくしてくれますように。←自分が主語ではない。

②私はお金がほしい。←叶ったことを先取りしていない。

③A君が彼女と別れますように。←人の別れを願う時点でお話しにならない。

④仕事が面白くなりますように。←自分が主語でないし、叶ったことを先取りしていない。

馴れないうちは文章化するのが意外に難しくて、「脳トレ」に近いんですよね。

お願い事の書き方【OK例】

①私は無理なくウォーキングを楽しんでいます。

②私は彼との誠実なコミュニケーションが愛おしく、ますます愛を深めています。

③私は座り心地の良いソファーを手に入れ、より快適に暮らしています。

<重複して強調する例─アダルトチルドレンなどで他人の感情に敏感な人向けー>

●私の感情は私のものであり、他者の感情は他者のものであることをはっきりと自覚しました。

●私は他人の不機嫌の責任を取る必要はないということを、他人は私の機嫌を取るために存在しているのでないことを、理解し受け容れました。

ポジティブな表現を心掛ける

例えば、「痩せたい」という願望の場合。

まずは言葉をもう少しポジティブなものにしてみましょう。

スリムボディになる、魅力的な体になる、メリハリのあるしなやかな体を作るなど。

それから、「痩せたい」は、今は痩せていないという欠乏感があるので、欠乏感にフォーカスしないようにします。

つまり、

「私は痩せたい」

「私は、引き締まった魅力的な体づくりを楽しんで取り組むことができました」

または、

「私は引き締まった魅力的な体づくりに必要な人物、場所、情報に出会えました」

うーん、脳トレ感がすごい(笑

雰囲気は伝わったでしょうか?

たとえ上手に書けなくても、自分と向き合う素敵な時間になりますので、新月のお願いはとてもおすすめです。

占いコンサルタント【シロツメ草の花冠】

https://sirotume-kusa.jimdo.com/
OPEN:Weekday/AM10:00~PM17:00