不運な出来事も幸運への架け橋なのかも─人間万事塞翁が馬─

ごま塩をかけてご飯を食べてたら、

ゴォリイッ!

と、すごい衝撃が口の中に走りました。

慌てて出してみたけど、石も何もありません。

相当、堅いゴマだったのでしょうかねぇ??

その後、歯を磨いたら銀歯がポロリ。

……。

腕が良くて、優しくて、眼鏡がよく似合う素敵な歯科医は言いました。

銀歯が取れてよかったですね。だいぶ前に治療したもののようです。中でけっこうな虫歯になってますよ
そうですか……じゃ、ラッキーって思っておきます
ラッキーだったと思いますよ

と、まぁ、こんな小さな出来事はともかくとして、

「あの時の不運が、まさか3年後、このような幸運につながっているとは……!」ということが人生には時々あるものです。

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)ということわざのように、目の前で起きている「不運」な出来事に、どうか絶望しないで。

塞翁が馬(さいおうがうま)とは。意味や解説、類語。《「淮南子 (えなんじ) 」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」昔、中国の北辺の塞 (とりで) のそばに住んでいた老人の馬が胡 (こ) の地に逃げたが、数か月後、胡の駿馬 (しゅんめ) を連れて帰ってきた。その老人の子がその馬...

とりあえず、まずは寝ましょう。スマホを体から離して横になるだけでもいいんですよ。