「〇〇なんかじゃ食べていけない」という親の呪いの影。問題に真正面から向き合わないでいることのリスク

「〇〇なんか、仕事にならない。夢ばかり見ていないで現実を見なさい」

親が子どもに言うお決まりのセリフですが、言われる子どもの気持ちもわかるし、言ってしまう親の気持ちもわかります。

文学なんか
音楽なんか
今だと、ユーチューバ―なんか、というのもあるかもしれませんね。

この類(たぐい)の呪い、あなたも掛けられていませんか?

「絵なんかじゃ食っていけない」
「歴史なんか仕事にならない」
「宗教美術なんか、哲学なんか、なんの役に立つんだ」

上記の3つは、まさしく私が父にかけられた呪いです。

親もまた「呪い」を掛けられていた可能性がある

親に掛けられた呪い。
学校の先生に掛けられた呪い。

子どもにとって、身近な大人に掛けられた呪いってすごく響くんですよね。

私の父は理系も文系も得意でした。はっきり言って秀才でした。スポーツ万能、絵も上手。
根本的には明るくユーモアのある人でした。

それがなぜ、狂ったように暴力を振るい、搾取し、恫喝する人間になったのか?

原因は父の兄と、両親(私からは祖父母)にありました。

詳しくは書けませんが、父は家族の犠牲になりました。尻拭いもさせられました。

多くを諦めざるを得ず、事情を知る人はそのことをとても惜しんだようです。

父は、犠牲のために呪いをかけられました。

問題を誤魔化すと、問題は膨張し、問題の「汚染」は連鎖する

相当に酷い虐待を受けましたが、それでも思うのです。

父がもし健全な家庭に生まれていたら、どれだけ魅力に溢れた人になっていただろう、と。

祖父母が、世間体などかまわずに本当の本当に子どものためを思って行動していたら、まったく違う人生があったのではないか、と。

祖父母の判断の過ちから、私ははっきりと学びました。

問題と真正面から向き合わないでいると、問題は膨れ上がる。

世代を超えた、問題による汚染が拡がる。

親になった今、“呪い”を発動させないために、何ができるか?

あの時、勇気を振り絞って宗教美術や哲学、文化人類学の道へ進んでいたら・・・どうなっていたかなぁ?と妄想することがあります。

今の私は、これまでに辿ってきた道が「必要な道だった」ことを受け入れてるので、後悔というほどの気持ちでもありません。

けれど、やはり、チャレンジしたい気持ちは強いままですね。

子どもが中学生になってからのお楽しみです。

私が幸福を感じて生きてさえいれば、子どもの幸せを邪魔することはないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする