「自分を知ろう」「己を知れ」と簡単に言うけど、具体的にどうしたら知ることができるの?

自分を知ること

己を知れ

よく聞くこのアドバイス、「どうやったら自分を知ることができるのか、そこが分からない」と思いませんか?

【関連記事】

具体的にどうしたら自分を知ることができるの?

自分を知ることのそもそも目的は何でしょうか?

それは生きやすくなるためにほかなりません。

私はweb制作の仕事をしていたことがありますが、商業デザイナーに向いていないということを受け入れるのに痛みを伴いました。挫折感を味わいました。

でも、向いていないものは仕方ありません。

頑張ってweb制作を学び、働き、挫折し、知ったわけです。「あー……向いてない」と。

最も知るべき“自分”とはどんな自分?

人生の岐路に立ったとき、悩んだときに、どの道を歩いて行くか「取捨選択」し、「決断」する際に発揮される自分らしさ

これこそが知るべき自分だと思うんです。

これは、「人生経験の積み重ね」と言い換えてもかまわないし、「人生のモットー(信念)」と表現してもいいです。

自分らしくない道を選ぶと、辛いことや苦労が多くなる

イメージと憧れだけで職業を選ぶことがあります。

親の期待を裏切れずに進学や就職を決めることもあります。

自分らしくない道を選ぶと、辛いことや苦労が多くなります。

商業デザイナーが向いていなくて苦しんだ私のように。

そこで初めて気づくのです。「この道は自分には合っていない」と。

もちそん、そこから得られるものも多くて、その経験があったからこそ自分を知ることができたのです。

「成長する道」を選んで歩く

「苦労」は後で助けになることもけっこうあるんですよね。

「どちらか迷ったら苦労の多い方を選べ」「困難な道を歩め」というアドバイスがありますが、これは「成長する道を歩こう」という意味であって、単に「辛い思いをしろ」と言っているのではありません。

「大変そうな選択だけど、きっと身になるぞ」「今、頑張らなかったら後悔するかもしれない」などと、長期的な視野を持つことができるのは想像力のある人間だからこそです。

とはいえ、『挑まなくても良い危険というものもある』(ジブリ映画【借りぐらしのアリエッティ】劇中セリフより)も、事実です。


借りぐらしのアリエッティ [DVD]

自分を知るには、経験・体験することに他なりません。

食べてみなければ美味しいか不味いかわかりませんが、毒のあるものだってあります!しなくていい苦労もあると思うんです。

でも、そんなことは「経験してみきゃわからない」というのもまた事実で、なんともパラドックス的!

どちらにしても、

「自分を知ること」のためには、①知って、②体験して、③受け容れる※

この3ステップは必要です。

※「受け容れる」は、受け容れないという決断も含みます。なんでもかんでも受け容れるという意味ではありません。
3ステップを繰り返していくと、

人生の岐路に立ったとき、悩んだときに、どの道を歩いて行くか「取捨選択」し、「決断」する際に発揮される自分らしさが育っているでしょう。

【おすすめ関連記事】